スポンサードリンク
   


心理カウンセラーの資格を独学で学んではいけない3つの理由


公認心理師が施行されましたが、その一方で「民間のカウンセラー資格は使えないのではないか」という疑問の声も出ています。

結論を言えば、当面は民間のカウンセラー資格は有効です。

公認心理師ができたからといって民間カウンセラー資格は不要になるの?

なので、まだまだ心理カウンセラーを目指したい人は、民間の資格でも十分戦えると思います。

しかし、カウンセラーの資格を独学で取得しない方がいいでしょう。

できれば、通信講座や民間のカウンセリングスクールでの資格取得はしておくべきです。

(それだけでもまだまだ難しいところでしょうが)

特にカウンセリングを学ぶとなると、その道のベテランのカウンセラーから教えてもらった方がいいです。

今回は独学でカウンセリングを学ばない方がいい理由を3つお話ししたいお思います。

@ カウンセリングの理解が不十分になるから
まず、カウンセリングというものを全くわからないまま、カウンセラーとして仕事をしないといけなくなります。

例えば、弁護士や医者は免許を取ったらすぐに仕事ができるかというと、そうではありません。

弁護士は弁護士事務所に、医者は医局に入り、先輩やベテランの先生からやり方を教えてもらい、10年くらい修行を積んでやっと独り立ちができます。

カウンセラーの場合は、そこまで修行できる環境が整っていなので、どうしても独学になってしまいがちですが、できるだけ先輩やベテランのカウンセラーの下でスーパーヴィジョンや研修を受けるなどして、専門性を磨いていくことが大切だと思います。

カウンセリングの世界はとても奥深く、一般の人にはなかなかわからないところがあります。

だからこそ、その世界を熟知した人に教えてもらい、カウンセリングの勉強をしていくことが大切だと思います。


A 困ったときにサポートしてくれる先生がいない
独学だけでカウンセリングをすると、いざ困ったときにサポートしてくれる先生がいません。

私は幸運にも良き師匠に巡り合い、困ったことや悩んだことがあれば、聴いて指導してもらうことができました。

その時に教えてもらったことは私の中で、今も生きていますし、困ったときの指針になっています。

必ずカウンセリングで困ったことが起こるものなので、その時に教えてもらえる、サポートしてもらえる先生がいるというのはとても大切です。

また、困ったことを話し合える仲間を作っておくのもいいでしょう。

意外とカウンセリング以外の視点が有効なんて話もありますので、そうした仲間や先生は大きなプラスになると思います。



B かならずどこかで行き詰ってしまうから
独学には限界があります。

本の知識や座学だけでは、どうしても行き詰ってしまい、そのためにカウンセラーを廃業してしまう人も多くいます。

カウンセラーは多くの知識が必要です。

また、カウンセリングの本質を知る目も必要です。

教科書以外では絶対にわからないことがたくさんあります。

だからこそ、仲間や先生と一緒に学んでいくことで、カウンセリングの本質を肌で学んでいくということが大切だと思います。



以上、カウンセリングを独学で学んではいけない理由についてお話ししました。


独学で空手をマスターできないのと同じように、独学だけでカウンセリングをマスターすることはできません。


実際に、講師や先生から事例を聴いたり、カウンセリングを受けるなど、いろんな人から教えてもらうことが必要なのです。

その繰り返しでカウンセリングのコツを学ぶことができます。

カウンセラーとはかなりの専門的なスキルと知識が必要であり、独学だけで追いつくものではありません。

独学で資格取得は可能ですが、独学だけでカウンセリングの仕事をすることは非常に難しいと思います。

まずはカウンセラー資格を目指すなら、メンタルケアWライセンス講座
がおすすめです。



こういうところでは、専門の先生が教えてくれるので、継続してカウンセリングの勉強がしやすいようにできています。

まずは、カウンセリングスクールで学びつつ、一緒にカウンセリングを学べる仲間を作っていくこと、そしていろんな人から学んでいくということが非常に大切なんじゃないかと思います。

posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神保健福祉士はカウンセラーか?


精神保健福祉士という資格があります。

一時期はカウンセラーの国家資格と誤解されていました。

もちろん違います。

精神保健福祉士はケースワーカーの資格です。

ケースワーカーとは、社会福祉士といった資格を持った人がなれる仕事で、簡単に言えば福祉の法律を使った相談援助をする人です。

例えば、生活保護のケースワーカーは生活保護法に基づいて、保護費を計算して支給したり、社会復帰のための相談をします。

精神保健福祉士は精神保健福祉法に基づいた援助をする人をさします。

具体的な仕事としては、精神科の病院の仲介をしたり、精神科の患者さんと市町村の窓口との間の仲介をしたりします。
(精神科入院の患者さんは生活保護を受けたり、国からの援助を受けている場合が多く、そのため市町村から円滑に支援を受けられるように調整する必要があるのです)

こうした、援助は心理カウンセラーとは全く異なります。

時には「このままだと国からの支援が受けられなくなるよ」と指導する必要もあります。

心理カウンセラーのように相手の気持ちをしっかりと聴き続けるということはあまり求められてないことも多いのです。

なので、もしケースワーカーになりたいというのであれば、こうしたカウンセラーとの違いをしっかりと理解してからなっておくとよいと思います。

posted by ショウ at | 心理カウンセラーとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心理カウンセラーの常勤職は雑用や事務処理がかなり多い


心理カウンセラーの常勤職というと、基本は産業領域、福祉領域、医療領域、司法領域があります。

具体的に言えば、EAPといった産業カウンセラー、放課後等デイサービスや児童相談所、病院、精神保健センター、矯正施設や裁判の精神鑑定などです。

残念ながら、教育関係についてはスクールカウンセラーや教育センターはありますが、これらは非常勤の職種になります。

ちなみに、上記の職についている人はほとんどが臨床心理士です。

カウンセラーの常勤職というと、かなり良い響きに見えますが、実際は雑務や事務処理に忙殺され、臨床やカウンセリングの時間はほとんど取れないのが現状です。

実は非常勤職の方が臨床やカウンセリングをする機会はかなり多いのです。

私もスクールカウンセラーや病院で非常勤のカウンセラーをしていましたが、その時は一日8件ほどのカウンセリングをこなしていました。

しかし、常勤職になると今度は月に3件あるかどうかというレベルです。

他の雑務や事務処理の作業に追われて、とてもじゃないですがそこまでの件数が今のところ精いっぱいという状況なのです。

なので、臨床をたくさんしたいという方は非常勤の方を狙った方がいいかなと思います。

常勤職というのはどうしても臨床ができにくくなるので、そのあたりを考慮して仕事を探すといいと思います。


posted by ショウ at | カウンセラーの仕事の実際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独学で心理カウンセラーになるのは難しいのか?


「心理カウンセラーになりたい」
と思っても現実的に難しい方もおられると思います。

例えば、年齢的なものでもう一度大学に通うのは難しいっていう人もいるかもしれません。

また、経済的な理由であったり、そもそも大学で一から学ぶ時間が惜しい人もいるでしょう。

社会人であればなおさらです。

独学で取得を目指す人もいますが、かなり難しい道のりです。

心理カウンセラーになりたいというのであれば、できれば大学・大学院を出て、臨床心理士・公認心理師を取得したほうが、はるかに近道です。

しかし、そんな余裕がなかなか持てない人も多いのもよくわかります。

私も今の状態で、一からカウンセラーの資格を取るために大学なんて、とてもじゃないですができないです。

そうした場合に一番簡単な方法が、民間のカウンセリングスクールや通信で学ぶという方法です。

費用も10万以内に抑えることが可能ですし、時間に余裕をもって取得のための勉強をすることもできます。

ただ、問題となるのは病院や公的機関等での就職はほぼ難しいということ。

それから、通信であれば独学に近い形での取得となるため、下手すると偏った知識でのカウンセラーになってしまうということです。

また、民間資格では専門的な研修に参加するのは難しくなります。

そのため、大抵は開業カウンセラーとして副業として心理カウンセリングを行う方が大半です。

また、専門知識を身に着けるため、日夜研鑽をする必要があります。

あるカウンセラーさんでは、上手にコネを作って学会に参加できる人もいるようです。

後は大学の聴講生として授業に参加する手もあります。

独学だけで心理カウンセラーになるのは実質不可能ですが、絶え間ない努力をしていくことでできると思いますよ。





posted by ショウ at | 資格の取り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公認心理師を取得して一番就職しやすい職種と言えば?


公認心理師を取得して一番就職しやすい仕事はどのようなものでしょうか?

これは私の予想ですが、一番は「放課後等デイサービス」です。

放課後等デイサービスとは?


放課後等デイサービスは福祉事業です。

障害を抱えたお子さんをお預かりして療育やレスパイトケアをしていきます。

障害を抱えた〜というと、かなり重たい重度の自閉症や知的障害をイメージしますが、中にはごくごく軽度のお子さんもいます。

ADHDやアスペルガー、自閉症スペクトラム障害などのお子さんも療育を中心にお預かりしている場合もあります。

これは事業所によって特色があり、重度専門のところから軽度しか引き受けないところまで、まさにピンキリです。

で、なぜこの放課後等デイサービスが求人のねらい目かというと、それはこの事業のシステムが関係しています。

福祉事業所になるのですが、この事業所には1つにつき、児童発達支援管理責任者(児発管)1名と児童指導員3名を必ず置かないといけません。

この児発管の任用資格には保育士や教員が必須なのですが、実は公認心理師が入ることになっています。
(ちなみに、臨床心理士は民間資格のため資格外になっています。基本、国家資格が必要条件となっています)

そして、児童福祉法が変わったことにより、今放課後等デイサービスはどこも人手不足の状態になっています。
(具体的に言えば、今までは介護士でもOKだったのが、保育士や教師でないとダメとなったので、その分人手不足に陥っているのです)

臨床心理士は今までは放課後等デイサービスで働くのにはまだまだ難しい状態でしたが、公認心理師が児発管や児童指導員の要件になっているので、おそらくかなり求人が増えてくることが予想されます。

なので、かなりねらい目の職種だと思います。
posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク