スポンサードリンク
   


心理カウンセラーの資格は独学で取得できるか?


心理カウンセラーの資格は資格にもよりますが独学でも取得できるものがあります

例えば、通信教育で取得できるタイプの資格がそれです。

通信教育で3か月から半年ほど(資格によって変わりますが)、勉強し試験を受けて合格することで得られるものです。

勉強する内容は、カウンセリング全般であったり、精神分析やロジャーズなどの理論であったり、精神疾患であったり、まあそのぐらいです。

ただ、心理カウンセラーの資格に国家資格はないので、カウンセラーの資格を取るのなら、どの資格でも大丈夫です。

※ちなみに2017年9月に施行された公認心理師はカウンセリングの資格ではなく、心理学の国家資格です。おそらく、「公認心理師以外はカウンセリングをしていはいけない」といった業務独占資格にまではならないだろうと思います。

ただ、カウンセリングできるかどうかは別問題です。

一つは、カウンセラーの仕事は独学で何とかなるものではないからです。


通信教育や独学で空手をマスターできないのと同じように、通信教育でカウンセリングをマスターすることはできません。


実際に、講師から事例を聴いたり、カウンセリングを経験することが必要なのです。

実際にコツを学ぶ必要があります。

また、開業したとしても基礎的なものを教わっていないので、すぐに壁にぶつかるだろうと思います。

カウンセラーとはかなりの専門的なスキルと知識が必要であり、独学だけで追いつくものではありません。

(そのため、臨床心理士や有名なカウンセラー資格は、取得後も研修会や研究会を頻繁に行っているのです)

そのため、資格がほしいというだけなら構いませんが、カウンセリングが実践レベルで身につくことは難しいでしょう。

結論を言えば、独学で資格取得は可能ですが、独学だけでカウンセリングの仕事をすることはできないということです。

ちなみに、臨床心理士を取得するのが一番いいですが、大学院まで行かないといけないため非常に難関です。

独学でカウンセラー資格を目指すなら、メンタルケアWライセンス講座
というのがあります。



こちらはロジャースや精神分析、精神医学などの理論をはじめ、インテーク面接やカウンセリングの仕方などの実践的な方法まで教えてくれるのでお勧めです。

まだ、現場に即した形でカウンセリングの勉強ができるのではないかなと思います。



    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | 心理カウンセラーとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。