スポンサードリンク
   


多くの人が心理カウンセラーになりたい動機とは?


心理カウンセラーは
かなり人気のある職業の一つだと思います。

それは多くの通信講座や
カウンセリングスクールを見れば、
どれだけ多くの人がカウンセリングに
強い関心を持っているのかが
よくわかります。

心理カウンセラーの資格を
取得したいという方は、
おそらく困っている人に寄り添いたい、
力になりたいという方が大半だと思います。

自分自身が傷ついた経験、
心身ともに参ったような経験があって、
その経験を困っている人の
力になりたいという思いから、

心理カウンセラーの資格を
取ろうと考えられている方が
多いのだろうと思います。

例えば、子どもが不登校になって
それで子どもが学校に行くようになって、
その時に悩んだ経験をカウンセラーとして
生かしたいという方は結構おられます。

また、うつ病になり、
自分が気づいたことを生かしたいと思い、
カウンセラーになった方も結構おられます。

実際に「うつ病 カウンセラー」と
検索するとそうした方の
ホームページが結構出てきます。

カウンセラーになりたい動機について、
上記のような実際に悩んだ経験が
動機になる人もいる一方で、
次のような動機の方もおられます。

例えば、お金が儲かりそう。
人気があるからちやほやしてもらえる。
何か格好いい。
座っているだけだから定年過ぎても仕事ができそう。
まあ誰でもできそう。

実際にこうした動機で
カウンセラーを目指す方も当然おられます。

ちなみに、私はこうした動機で
カウンセラーを目指してもいいと思います。


カウンセラーになりたい動機に
「崇高な理念や目標が絶対必要」
というわけではありません。

これは例えば教師でも
「将来安定しているから」という理由で
選んでいるのと同じことです。

しかし、こうした教師の方が
「子供のために力になりたい」
という理想を持っている先生よりも、
しっかりと子どもを指導することが
できることがあります。

もちろん、その逆もあります。

私は大切なのは動機ではなく、
カウンセラーになった後で
どうクライエントの力になれる
カウンセリングができるかどうか

だと思います。

実際、カウンセラーの仕事はかなり大変ですし、
カウンセラー自身が悩んだり傷ついたり
することが多い仕事です。

そのことを覚悟して
心理カウンセラーになろうとするのであれば、
私は動機は何でもいいと考えています。


どうぞ臆せずに心理カウンセラーを
目指してください。



    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | 心理カウンセラーとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。