スポンサードリンク
   


カウンセラーに国家資格はないけど資格によって生じる格差


現時点で、心理カウンセラーの
国家資格は存在していません。

実を言うと、
臨床心理士も国家資格ではありません。

財団法人日本臨床心理士会が
出している民間資格でしかないのです。

となると、通信教育であろうが、
カウンセリングスクールであろうが、
大学院を修了して取得できる
臨床心理士であろうが、
どのカウンセラー資格を取得しても
存在価値と言うのはほとんど差がありません。


一時期、臨床心理士が国家資格に
なる話が出ていましたが、
河合隼雄先生が亡くなったことと、
小泉内閣の郵政民営化の選挙に伴い、
流れている状態です。

ちょっと前までは、
職業心理士とか医療心理士とかの
国家資格が出る話があったのですが、
それも現時点ではまだ形に見えて来ていません。

公認心理師の法案も出ていますが、
国家資格化はかなり難しいと思います。

となると、どの心理カウンセラーの
資格を取得しても、資格を持っている
ということについては
ほとんど差がないということです。

ただ、商品でいう
付加価値がそれぞれ異なります。

付加価値と言うのは世間一般の
認知度やイメージによって
生じる価値のことです。

例えば、世間一般でやぶ医者と
噂されている医者と、名医と評判の医者、
どちらの医者に罹りたいですか?

同じ医師免許を持ち、
経験を持っている医者であっても、
名医と評される方を私たちは
選んでしまう傾向にあります。

この時の名医という評判を
付加価値と呼びます。


そのため、
大きくマスコミに取り上げられたり、
世間一般として認知度の高い
臨床心理士がダントツで
付加価値の高い資格ということになります。


そうした理由から、
臨床心理士の資格は
他のカウンセラー資格と比べて
ダントツでカウンセリングの仕事に
つきやすいと言えます。

特にスクールカウンセラーは
臨床心理士の独占業務状態となっています。

他のカウンセラー資格
(特に通信やカウンセリングスクールの資格)
でスクールカウンセラーになるのは
至難の業と言えるでしょう。

心理カウンセラーはどの資格を
取得しても民間資格と言う点で
大差はないのですが、
付加価値と言う意味で
格差があるのが現状です。




    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | カウンセラーの現実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。