スポンサードリンク
   


カウンセラー資格はどれを取得すればいいのか?


私はカウンセラー資格を
取得するのであれば、できれば
「臨床心理士」
を取得することをお勧めします。

専門の大学院へ行き、
そこでカリキュラムと実習をこなし、
修士論文を提出し、臨床心理士試験に
合格することでなれます。

一応、狭き門と言う意味では
臨床心理士がダントツで
取得が難しい資格です。

また、取得後は各研修会も
参加することができ、
スキルを磨き続けることもできます。

日本臨床心理士資格認定協会

その次に認知度の高い
「産業カウンセラー」もお勧めです。

産業カウンセラーの資格は、
自殺支援のボランティアや学会など、
かなりフォロー体制が充実しています。

臨床心理士と比べて
就職の門戸は少ないですが、
カウンセリングの経験を積んで
開業される方もおられるので、
そういったキャリアプランを
お持ちであれば有利だろうと思います。

また、産業カウンセラー取得後の講座を
受講することで「キャリアコンサルト」の
試験を受けて資格を取得したり、
「シニアカウンセラー」といった
上級資格を取得することも可能です。


日本産業カウンセラー協会

次に、お勧めは
「認定カウンセラー」ですね。

日本カウンセリング学会が
提供するカウンセラー資格です。

講座やカウンセリングのロールプレイなど、
学会が提供しているカリキュラムを受講して、
その後の認定試験に合格することで
取得することが可能です。

もちろん、こちらも
スーパーヴィジョンなどの研修制度が
整っていて、スキルアップの機会には
大変恵まれています。

日本カウンセリング学会 認定カウンセラー

上記は学会が提供している資格なので、
ある程度の認知や社会的な受け入れも
多いので、カウンセラーとして働く上で
有利になりやすいというメリットがあります。

しかし、学会認定資格であるため、
大学を卒業していないと取得できない
というデメリットもあります。

次は高卒でも習得が可能な
カウンセラー資格について
お話したいと思います。




    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | 資格の取り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。