スポンサードリンク
   


臨床心理士の収入と仕事の状況について―カウンセラーの現実


私は臨床心理士の資格を取得して
病院とスクールカウンセラーをしています。

また、カウンセラーの仕事も
いくつか行ってきました。

現在は非常勤の仕事を
掛け持ちして何とか
家族を養っている状況です。

ちなみに給料は
平均的なサラリーマンの給料
300万前後と言ったところ。

ただ、アルバイトなので
休日や体調不良で収入は激減しますし、
また年金や保険は自腹です。

そのため年間50万円以上が
税金や年金や保険でとんで行きます。

これは恐らく一般的な
臨床心理士の就職状況です。

まあ、普通くらいでしょうか・・・。

少なくともまだマシな状態だと思います。

臨床心理士は
高学歴・低収入なのが
現在の状況です。

大分改善はされてきているでしょうが、
まだまだ収入が低いという現状があります。

ちなみに病院だと、
収入は月20万〜25万くらいです。

これからさらに税金等で
引かれるので手取りはもっと低くなります。

施設だと大体20万円以下がほとんどです。

ひどいところであれば、
月13万で生活している人もいます。

これらはまだ常勤、
つまり正社員雇用なので、
まだまだ恵まれている方です。

非常勤、つまり非正規雇用の人は、
職場の都合で切られたり、
年契約で更新がなければ
そのまま退職となったり
(退職金は出ません)と
正社員と比べてかなり不安定な状態で
働くこととなります。


最初は正規の職に就くことも難しいため、
カウンセラーに関係のない
アルバイトをする人もいます。

そこで、頑張って上に上がる人もいれば、
上がれないまま細々と続ける人、
また職を変える人などたくさんいます。

それくらい、カウンセリングで
食べていくことは難しいのです。

一番付加価値の高い
臨床心理士がこうした状況です。

その中で皆さん日々頑張っています。

こうした現実があることを見た上で、
「ぜひカウンセラーになりたい!!」
と言う方、どうぞなってください。

私が伝えるのは現実だけです。

それでも「やるぞ!!」と思う方は、
私は心から応援したいと思います。





    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | カウンセラーの現実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。