スポンサードリンク
   


スクールカウンセラーになるためには-どの学校へ行けばなれるか?


スクールカウンセラーは、
カウンセラーを目指す人にとって
結構憧れの職業の一つです。

特に今の20代の人は
必ずといっていいくらい、
中学校でスクールカウンセラーに
出会っています。

優しくて、いつも笑顔で、
しっかりと話を聴いてくれる
スクールカウンセラーの仕事を
やってみたいという人は
結構多いんじゃないんかなと思います。

私も結構

「スクールカウンセラーに
なりたいのですが、
どうすればいいですか?」


という質問をいただくことが
良くあります。

今回はスクールカウンセラーについて、
どうすればなれるかを
お伝えしたいと思います。

現在、スクールカウンセラーになるには
次の3通りがあります。

@臨床心理士資格を取得した状態で
県の臨床心理士会に登録し、
そこから小・中学校に派遣される。

登録書に
「どこでもOK。僻地でも行きます!!」
と書けば、確実にスクールカウンセラーに
なることはできるでしょう。

(ちなみに僻地の勤務であれば、
旅費が支給される場合があります)


A一部の地域では採用試験があります。

それに合格すれば
スクールカウンセラーとして
勤務することが可能です。

もちろん、
週に1回の非常勤職員です。

この場合は臨床心理士以外の
資格も可能です。

(この場合はスクールカウンセラー補
という扱いになり、給料も臨床心理士が
勤務するよりも低くなります)


B以上は公立小・中学校の場合ですが、
私立の場合ですと直接採用となるため、
臨床心理士が必須でなくなる場合があります。

(最近は臨床心理士が
必須となってきつつありますが)

この場合は認定カウンセラーや
教育カウンセラーの取得が
条件となると思いますが、
私立の先生とのコネがあれば
成れる確率はぐっと上がると思います。

まあ、スクールカウンセラーになるのに
臨床心理士が必須とは一概に言えませんが、
臨床心理士資格を持っていた方が
かなりなりやすいといえると思います。


臨床心理士になるためには
大学→大学院へ進学し、
その後臨床心理士資格認定試験を
受ける必要があります。

もし、スクールカウンセラーを
目指すのであれば、臨床心理士を
取得した方が良いでしょう。




    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | スクールカウンセラーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。