スポンサードリンク
   


臨床心理士の指定大学院の選び方のコツ


臨床心理士を取得する際に一番大切なのは指定大学院です。そのため、大学院だけはしっかりと選びたいものです。
まあ、資格が欲しいだけなら別にかまいませんが、せっかくですから、できれば自分の勉強したい分野が勉強できるところへ行けるといいですね。ちなみに、どんな先生がいるかによって、大学院の特色や色合いがかなり異なります。

医療系に強いのか、スクールカウンセラーなど学校教育に強いのか、産業関係に強いのか、子どもを専門にしている人が多いのか、法律関係に詳しいのか、などなど。

できれば、いろんな教授や先生が書かれた本を読んで、自分の考えややりたいことに共鳴できる先生がいる大学院を選ぶのがコツです。でないと大学院生活が苦痛になってしまうこともあります。

あと、これは知られていない探し方ですが、○○県臨床心理士会という団体があります。例えば東京都臨床心理士会、長野県臨床心理士会、兵庫県臨床心理士会、福岡県臨床心理士会と言ったように心理士会というのがあります。そして、それらが本拠地となっている大学があります。そういった心理士会の本拠地となっている大学は確実に就職がゲットするための情報やコネが強い大学である可能性が高いです。

そういったコネクションが強いかどうかを大学院選びで重視してもいいでしょう。正直な話、臨床心理士はかなり仕事を探すのが大変です。私はコネがなかなかない大学院に行ったため、かなり苦労しました。

できれば、いろんな大学院の院生に会って、大学院の状況や就職状況を聞いておくといいでしょう。大学院の選び方一つで、人生がかなり変わる人もいます。ここは慎重に選びたいものです。後は研究室訪問を行うのも手です。教授から実際の状況について詳しく知ることはかなり有意義です。

自分が勉強したい分野の先生がいるかどうか、将来性や就職状況はどうか、などなど慎重に選んで探していきましょう。


臨床心理士になりたい方必見。
大学と大学院の無料資料請求はコチラ!!



    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | 臨床心理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。