スポンサードリンク
   


認定心理士という資格は仕事に有利か


認定心理士と言う資格を御存じでしょうか。
心理系の大学に通ったことがある人であれば、そこそこ知られている資格であると思います。

これは「心理学の勉強を一通り学んだことを証明する資格」と捉えて頂けるといいかと思います。当然ですが、カウンセラー資格ではありません。

カウンセラー資格ではなく、単に心理学の勉強をした証明書のような資格です。
カウンセリングを専門に学んだ資格ではありません。もちろん国家資格でもありません。

そして、残念ながら仕事に活かすことは結構難しいのが現状です。
履歴書に書くことはOKですが、あまり就職に有効な資格ではありません。

「心理系大学卒業」と同程度の意味合いしか持たない資格です。

しかし、これは単独では・・・という意味です。

例えば、看護師や保育士など他の資格を持っている場合、心理学を勉強していることはかなり有利です。高倍率の求人の中「認定心理士」の資格があり、「この人は心理学も勉強している、人間の心理も知識がある」とみられて、合格となると言うケースもあります。

心理学の資格と言うのは、大抵補助的な面で効果を発揮することが多いのです。
これは他のカウンセラー資格でも同じことが言えると思います。営業マンがカウンセリングの勉強や資格を取得することで仕事が有利に進んだり、良いポジションにつく可能性は十分にあります。

ただ、単独で就職に活かすことは非常に難しいんじゃないかと思います。

一方で、心理学の知識を他の仕事に活かしたいと言う人であれば、非常に有利に使える資格であると思います。他の資格もそうですが、資格と言うのは取得がゴールではなくて、それを仕事や日常生活に上手に活かしていくことが大切なんじゃないかと思います。



    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | 認定心理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。