スポンサードリンク
   


産業カウンセラーの就職先と収入


大抵は資格を取得してもそのまま今の会社の業務で働くケースが多いのではないかなあと思います。

そう簡単にカウンセラーの仕事が手に入るということはまずありません。
労務関係、人事などメンタルヘルスの向上に関わる部署であれば、産業カウンセラーの資格を活かすことはできるでしょう。

後は、管理職の方で、部下のメンタルヘルスのサポートに回るような場合、産業カウンセラーで得た知識やスキルは役立つだろうと思います。
間違っても産業カウンセラーの資格を有しているからと言って、病院やスクールカウンセラー、施設のカウンセラーとしての仕事はまずもらえません。
まあ、開業する手もありますが、それはこのブログで何度の言っている通り、すぐやるのはお勧めはできません。

資格を取ってすぐにカウンセリングルームを開業しない方がいい理由とは?

以上が、産業カウンセラーを取得した後の主な就職先です。
要するに、カウンセラー単独の仕事はまあないということです。
それよりも、今いる企業や会社での仕事で継続してカウンセラーの資格を活かしていくという形を取るだろうと思います。

そのため、収入や年収や所属している企業や組織によってピンきりです。
大手の会社であれば、当然年収はかなり高いです。優遇もされます。

しかし、中小企業や個人経営のこじんまりとしたところでは、当然収入も低くなります。
まあ、一般の会社に就職するのとほとんど変わりありませんね。
その中でどうカウンセラーとして学んだことを活かしていけるかだろうと思います。
(まあ、これはほとんどのカウンセラー資格に言えることですが)





    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | 産業カウンセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。