スポンサードリンク
   


臨床心理士以外で病院のカウンセラーにはなることは難しい


病院で心理カウンセラーとして
働きたいと考えていらっしゃる方は
結構多いのではないかと思います。

病院ではうつ病や統合失調症、
パニック障害など、実に様々な方が来られるので、
スキルアップは確実にできますし、
また多くの臨床経験を積むことは可能です。

さらに心理検査の経験も積めます。

しかし、病院でのカウンセラーになるのは、
臨床心理士でもない限りまず無理です。

一つは求人広告を見ても、大抵条件が
「臨床心理士所持もしくは取得見込みのもの」
と書かれています。

さらに言えば、臨床心理士を持っている人でも
1人しかない求人に対して、20人くらい殺到するので、
かなりの狭き門をくぐらないといけません。

私も心療内科で働いていますが、
募集1人に対して大体15人くらいが応募に来たそうです。

こうした状態で民間スクールや通信教育で
心理カウンセラーを取得した人が
病院で働くのはほぼ難しいと思います。

一昔前であれば、「医師とのコネがあれば可能」
ということもありましたが、
今はそういうこともほとんどないようです。


ちなみに、
精神保健福祉士や心理カウンセラーの資格を
持った看護師であればどうか、という意見もありますが、
彼らは心理カウンセラーの専門家ではありません。

精神保健福祉士はケースワーカーとしての業務を、
看護師は看護の業務を優先してさせられるので、
カウンセリングや心理検査の仕事を
与えられることはまずないでしょう。

逆に言えば、臨床心理士の資格を持っていれば
病院のカウンセラーとして働きやすい
ということにもなります。

(それでも狭き門ですが・・・)






    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | カウンセラーの現実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。