スポンサードリンク
   


スクールカウンセラーに必要なスキルとは?


私は長年スクールカウンセラーをしてきています。

その中、いじめや体罰、発達障害、
DV、虐待、不登校など、
多くのケースと出会ってきました。

ところで、スクールカウンセラーとして
働くうえで一番大切なスキルとはなんでしょうか?

もちろん、不登校やいじめなど
種々の知識も必要ですし、
子どもを理解するための理論や
カウンセリングの技術も当然求められます。

実際に、子どもを支援するための会議では、
スクールカウンセラーとしての
あなたの意見を求められることもあります。

また、講演会は研修会を行える腕も必要です。

「私は聴くのはできるけど、
研修なんてできません」では

スクールカウンセラーとしては半人前です。

研修講師もできてこその
スクールカウンセラーだと私は思います。

また、子どもたちに授業を行えるスキルも必要です。

カウンセリングよりも授業で教えた方が
子どもたちの心の成長に
大きく貢献することもあります。

ぜひカウンセラーは講師としての腕も
磨いてほしいものです。

さて、このようなスキルですが、
スクールカウンセラーにとって
一番求められているのは、
「学校の先生と仲良くできるスキル」です。

できれば、他愛のない雑談が
教師とできるに越したことはありません。

子どもとカウンセリングさえできればいい、
保護者のカウンセリングで十分とは
絶対に思わないでください。


あなたがいない残りの6日間は
先生が子どもや保護者を
支えなければいけないのです。

だからこそ、先生がしっかり
子供を支えられるように
話せるような関係を
普段から作ることがとても大切です。


それがスクールカウンセラーの
活動の成否の8割を占めている
と言っても過言ではありません。






    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | スクールカウンセラーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。