スポンサードリンク
   


認定心理士を取得した後は―就職状況とその後


念願の認定心理士を取得した後ですが、
残念ながら仕事や就職に
そのまま生かすことはできません。


とはいっても、これは例えば
看護師や教師、税理士、建築士、
医師、薬剤師、弁護士といった専門職と
同じような有利さではないという意味です。

例えば、税理士や弁護士は
それだけで就職の窓口が広がります。

また、薬局に勤めていても、
薬剤師かそうでないかで給料に雲泥の差が出ます。

これと同じような有利さが
認定心理士にはないということです。


そのため、単独で就職に活かせる資格ではないことを
まずはご理解いただけたらと思います。

「それじゃ、あまり意味がないのではないか」


という疑問も当然出てきます。

しかし、この資格は単独ではあまり意味を成しませんが、
他の資格と複合的に使うことで
驚くほど効果が出る場合があります。



例えば、認定心理士を持っている
弁護士とそうでない弁護士。

あなたならどの弁護士に相談してみたいですか?


多分「人の気持ちをわかってくれそうな」
認定心理士の資格を持っている弁護士に
相談してみたいという人の方が多いはずです。


他にも認定心理士を持っている保育士の方が、
他の保育士よりも断然就職に受かりやすい状況があります。

このように他の資格と
兼ね合わせることで効力を発揮します。


そこら辺のカウンセリングスクールが
発行している資格よりも、学会が提供している資格、
また心理学系大学卒業と同等と
認められる資格の方が付加価値が断然多くなります。

また、認定心理士は更新制度がないため、
一度取得したら一生その資格はあなたのものです。

何があっても○○大学卒業という学士が
失われないのと同じことです。


更に言えば、この資格を取得すると、
学会や講座、シンポジウムなど
心理学関連の勉強の連絡が随時入ります。

つまり、最新の心理学の情報に
触れる機会を無料で得ることが出来るのです。


認定心理士は他の資格と併用することで効果を発揮します

この辺りは認定心理士の強みですね。

こうしたこともあるので、
私としては取得していても
損はないだろうと思っています。

(ちなみに私も認定心理士を持っています)





    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | 認定心理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。