スポンサードリンク
   


心理カウンセラーの就職先と働く場所について


心理カウンセラーの就職先・働く場所
というのはどんなところがあるのでしょうか?

カウンセラーの就職先

まずイメージしやすいのが病院です。

特に精神科の病院はイメージしやすいでしょう。

また心療内科のクリニックや小児科の病院も
カウンセラーはいます


小児科の場合は発達障害の見立てが
求められる場合があるからです。

他はスクールカウンセラー、
開業カウンセラーもそうですね。

イメージしやすいと思います。

あとマイナーな仕事としては以下の場所が挙げられます。

臨床心理士じゃないと難しい働き口

 児童養護施設、情緒障害児短期治療施設、
 高齢者施設、
 児童相談所、家庭児童相談所、

臨床心理士以外でもなれる働き口

 裁判所、市役所、不登校支援センター、教育総合センター、
 保健福祉センター、療育施設、
 企業のカウンセラー、ハローワーク、
 就労支援センター、ニート・引きこもり支援センター、
 いのちの電話、傾聴ボランティア、

ちなみに残念ですが、
上記の大半は臨床心理士でないと
就職するのは難しいだろうと思います。

市役所の心理職業務であれば
カウンセラーの資格がなくても
試験に受かれば働けることができます


また、企業カウンセラーやハローワークの場合、
産業カウンセラーやキャリアカウンセラーがあれば
就くことは可能です(狭き門ですが)。

不登校支援センター、就労支援センター、
ニート・引きこもりセンターの場合は、
NPO法人が主催しているところが多く、
そこでは資格がなくても入れることが
できる場合があります。


いのちの電話や傾聴ボランティアでは民
間資格でもOKなところが多いようです。

以上、簡単ですが心理カウンセラーの
就職先と働き口について、
私が知っていることを紹介しました。

詳しく知りたい方はそれぞれ
検索していただければ概要を
知ることができると思います。


【スポンサードリンク】
   


posted by ショウ at | カウンセラーの仕事の実際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】