スポンサードリンク
   


スクールカウンセラーのなり方


スクールカウンセラーのなり方についてです。

まず、押さえておきたいのは
スクールカウンセラーになるには
「臨床心理士」の資格を持つことが
必要不可欠だということです


よく、カウンセリングスクールで

「〇〇カウンセラーを取って、
あなたもスクールカウンセラーに!!」

と謳っているところがありますが、
残念ながらそれは不可能です

まず無理です。

なので、スクールカウンセラーになりたい人は、
まず臨床心理士を取得しましょう。

そして、臨床心理士を取得した後ですが、
その後のスクールカウンセラーのなり方には
おおよそ3通りあります。


1.都道府県の臨床心理士会に所属すると、
そこから「スクールカウンセラーになりませんか?」
という書類が届きます。

そこに記入して心理士会に送り、
空きがあればそこの学校の
スクールカウンセラーとして
勤務することができます。

ちなみに都市部では空きがないのが現状です。

なので、
「車を持っているので、どこでもOKです」と書けば、
僻地になりますが、ほぼ100%の確率で
スクールカウンセラーになることは可能です。



2.政令指定都市や一部の都道府県では、
採用試験があり、その試験に合格すると
「候補」として、登録されます。


そして、空きがあれば晴れてその学校の
スクールカウンセラーに任命されることができます。

しかし、基本は空きが全くなく、
候補止まりで終わることも少なくはありません。


3.私立であれば、直接試験を受けて合格すれば
採用となる場合があります。


ただ、最近は臨床心理士会に委託している
私立の学校もあるようです。

また、コネがあれば、
直接採用される場合もありますが、
その確率はかなり低いと思われます。

どのなり方も基本は、
臨床心理士の資格が必須です。

( ただ、2と3に関しては、
 臨床心理士以外のカウンセラー資格でも
 なることは可能です。 )

その上で、上記のやり方で諦めないで
チャレンジすればなることは必ずできると思います。





    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | スクールカウンセラーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。