スポンサードリンク
   


心理カウンセラーとしての就職に有利な資格


心理カウンセラーとして
就職に有利な資格についてお話します。

心理カウンセラーとして働く以上、
資格は持っていないといけません。


その資格もできれば臨床心理士資格を
持っていることが望ましいです。

もちろん、
臨床心理士が優れているというわけではなく、
臨床心理士以外の民間カウンセラーでも
優秀な方はたくさんおられます。

が、世間一般の認知度、信頼度でいえば
臨床心理士を群を抜いているのが現状です。



後は、産業カウンセラーや
認定カウンセラーでしょうか。

一般のカラーセラピストや
メンタルカウンセラーなどの資格では、
ほとんど就職先はありません。

もちろん、カウンセリングスクールによっては
しっかりと取得後のフォローも
してくれるところはあるので、
それを利用する手はあるでしょう。


良くあるのが、カウンセラー資格を
取得したものの、ほとんど仕事に
就けないというケースです。



基本、病院やスクールカウンセラーでは
「臨床心理士」を取得しているのが条件です。

仕方がありませんが、同じ民間資格でも
上位資格というランク付けがあるのが現状です。

では、民間のカウンセリングスクールに行ったら、
カウンセラーの仕事はできないか
と言えばそうではありません。

例えば、市役所など公的機関は
「資格不要」のところがあります。


そうした公的機関のカウンセラーとして勤務し、
経験を積んで開業すればいいのです。

また、労務関係などの仕事では
準カウンセラー的な役割が期待されます。
「絶対に病院のカウンセラー」というわけでなければ、
探せばいくらでも見つかるものです。



結論を言えば、臨床心理士を持っていた方がいいが、
そうでなくても就職先を探すことは
可能であるということです。

ただ、どの資格が良いかは
慎重に見ていく必要があると思います


本当に就職に使えない資格
というのもありますから・・・。





    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | 就職先の見つけ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。