スポンサードリンク
   


交流分析士の資格の口コミとは?


交流分析士の資格といっても
「日本交流分析協会」の構講座内容は充実しており、
エゴグラムやゲーム分析の理論まで
学ぶことができるのでお勧めですが、
口コミ情報を見ると結構辛口の評価がみられます。

特に多いのは
交流分析士を取得しても就職に有利にはならない。」
という口コミです。

この点についてですが、
民間のカウンセラー資格の大半は
就職には有利には働きません。


臨床心理士でさえ、常勤のカウンセラーの
働き口を見つけることは難しいのです。

これはTA心理カウンセラーの資格を
持っていたとしても同様です。

また交流分析とは数ある心理療法の
理論や技法の中のごく一部でしかありません


なので、交流分析だけ極めたとしても
活用することは難しいのです。

特に交流分析士1級を取ったとしても、
TA心理カウンセラーの資格を取ったとしても、
それだけでは現場で活動するのは難しいだろうと思います。

交流分析ではなく他の心理療法やカウンセリング技法を
行った方が有効なケースも多いのです。

できれば、メンタル心理カウンセラーや産業カウンセラーなど、
その他のカウンセラー資格も同時に取ったうえで、
自分のスキルアップのために交流分析士の資格を
取るのが良いだろうと思います。



また、看護師や営業マン、教師が
今の仕事に役立てるために、
交流分析士の資格を取るのは大変有効だと思います。

特にエゴグラムの解釈やゲーム理論、
ストロークなどは人間理解を深めるので、
今の仕事を有利に運ぶことが可能だろうと思います。





    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。