スポンサードリンク
   


交流分析士を取得する際の注意点


交流分析士を取得する際は
まず「協会」か「学会」の
どちらの資格にするかを確認しましょう。

同じ交流分析士ですが、
内容は全く異なるものです。

「協会」は一般の方が対象です。

「学会」は学術団体なので
大学卒以上のプロの方を対象としています。

もし、あなたがプロカウンセラーを目指すのであれば、
できれば学術団体の「学会」での
資格取得をお勧めします。


医師や教師、ケースワーカー、看護師など
の対人援助職の専門家も
できれば学会の方が良いでしょう。


逆に会社員や主婦の方などで
交流分析を使って日常生活を改善したり、
会社で業績を上げたいというのであれば
「協会」の資格でも構わないと思います。


このように状況や目的に応じて、
どちらにするか選びましょう。

後先考えずに取得して、
後になって後悔するようなことに
ならないよう注意してください。


あと、大切なことですが、
交流分析士とは「交流分析」を学んだ、
もしくは実践できるということを証明する資格であって、
カウンセリング全般ができる資格ではありません。


そのため、
もしあなたがカウンセラーになりたいのであれば、
交流分析以外のことも学ぶ必要があります。


例えば、傾聴や精神分析、認知行動療法、
来談者中心療法などの各種心理療法や精神医学、
臨床心理学全般、そして基礎心理学などを
しっかりと学んでおくことが必要です。


本来、カウンセラーというのは幅広い知識が求められるものです。

できれば産業カウンセラーや
メンタル心理カウンセラーなどの資格や、
カウンセリングスクールで基礎的な部分を学んでから
交流分析士を専門的に学ばれると良いのではないかと思われます。



↑もっと基礎をしっかりと学びたい、
カウンセラーの資格を取りたい
という方はこちらをどうぞ。

近くのカウンセリングスクールの資料が
無料で取り寄せられます。





    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。