スポンサードリンク
   


産業カウンセラーの試験の難易度は?


産業カウンセラーの
試験の難易度について
お話したいと思います。


合格者は7割ほどです。

私の印象ですが、
試験の内容は
それほど難しくはないだろうと思います。

特に理論や知識、
心理検査の辺りは
そんなに奇抜な問題は出ません。

教科書を何度も繰り返し読んで
覚えていれば、点数は取れる範囲です。

まずは教科書の太字の部分を
覚えるようにしましょう!!



あとは事例問題ですね。

これはカウンセリングの経験がないと
かなり難易度が高く感じるかもしれません。

これはカウンセリングの流れが
どれだけわかっているかどうかが問われるので、
教科書だけでは難しいかもしれません。

ポイントは「カウンセリングとは何か?」を
しっかりと理解しておくことです。

特に産業カウンセラーは
来談者中心療法をメインとしているため、「
受容・共感・傾聴とは何か?」を
きちんと理解しましょう。

コツは、
「いかにクライエントの邪魔をしないか」
です。

となると、
クライエントの話をさえぎるような応答は
全て間違いと考えると良いでしょう。


いかにクライエントの話を引き出していくか。

この辺りの感覚を講座の中で
磨いていくことが大切です。


最後の実技試験も難易度は高く感じます。

特に面接官の前なので非常に緊張します。

コツは、「相手の話をさえぎらない」です。

しっかりと頷き、聴き、
クライエントが話しやすいような雰囲気を
作れるように聴いていくことです。


養成講座でしっかりと練習しておきましょう。

不安があれば友達や家族に
ロールプレイをしてもらうのも有効です。

後で
「話しやすいと感じたかどうか」
「もっと話しやすいように
改善できるところは何か?」

とフィードバックを求めるといいです。

上記のことを念頭に準備をしておけば、
産業カウンセラー試験の難易度は
それほど高くないと思います。


産業カウンセラーの講座資料を無料請求




    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | 産業カウンセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。