スポンサードリンク
   


子育てカウンセラーを目指す際の注意点


子育てカウンセラーという資格は
確かに需要はありますし、
必要とされるものでしょう。

しかし、どのカウンセラー資格もそうですが、
だからといってすぐに仕事に着けるとは限りません

特に子育てカウンセラーとは、
子育てに特化した資格なので、
これ一本でOKかと言えばそうとは言えません。

目指すのは構わないのですが、
「取得すれば仕事が見つかる」と
思わないよう注意してください



この子育てカウンセラーの講座は、
特にお母さんや保育士、
助産師などが学ばれるといいかもしれません。

日常生活や仕事で
少しでもプラスになるよう
スキルアップしたいというのであれば、
取得を目指してもいいでしょう。


ただ、この子育てカウンセラー一本では
残念ながら仕事を探すことはできません。

「子育て心理認定講師」まで
行ったとしてもです。


日本のカウンセラー業界の事情ですが、
臨床心理士でさえなかなか常勤職を
見つけることができないという実情があります



資格取得をして開業を目指す人もいますが、
病院や学校で何年も経験を積んでこられた
ベテランのカウンセラーでも
一年持たずにルームをたたむという実情もあります。

開業するにはカウンセリングのスキル以上に
経営ノウハウが求められるのです。


なので、子育てカウンセラーの資格を
取ったからと言って、
仕事がすぐに見つかるとか、
カウンセラーとして開業できるとかは
考えないよう注意してください。

上記が目的なら、
民間のカウンセリングスクールの資格や、
産業カウンセラー、
認定カウンセラーの資格を取得した方が近道です。

その上で、
子育てに特化したカウンセリングをしたいという場合、
子育てカウンセラーの資格を
目指すのも良いかと思います。




    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。