スポンサードリンク
   


スーパーヴァイザーと相性が合わない時は・・・


人間だれしも相性というのがあります。

そして、あなたがいくら尊敬したとしても
スーパーヴァイザーとの相性が
あまり良くないというケースは
実際にあり得ます。

中には、
合わないヴァイザーのスーパーヴィジョンを
無理やり受け続けた結果、
臨床スキルがかなり落ちてしまった
という人もいます。


良い師匠に出会うということは、
それほど大事なことなのです。

そして、ヴァイザーと合うかどうかは、
その人が優れている、
臨床スキルが豊富ということも大事ですが、

何よりもスーパーヴィジョンが
あなたにとって楽しいかどうか、
心地よいかどうか、

そしてためになっていると
心から感じられるかどうかがかなり重要です。

「なんか、このヴァイザーと何度
会っていてもしんどいだけだし、
行く意味が感じられない・・・」
と感じた場合は、
多分相性が合わないのだろうと思います。


ただ、ヴァイザーと相性が合わない場合、
すぐにスーパーヴィジョンを打ち切る
というのはしない方が良いでしょう。

最低、1年はその人の元に
通い続けた方が良いです。


これはカウンセリングもそうですが、
カウンセラーがクライエントのことを理解し、
意味のあるカウンセリングになるのに
時間がかかる場合があります。

そうした意味も踏まえて、
相性が合わなくても
しばらくは通った方が良いです。

また、その中で
「なぜこのスーパーヴァイザーと合わないのか」
ということをしっかりと向き合うことが大切です。

この辺りが明確になると、
自分自身が客観的に見れるようになり、
自己理解が深まります。

そうなると、
カウンセリングに対する
感性やセンスも向上します。

相性が悪いヴァイザーと会い居続けることも
大きな意味があるのです。

こうした意味もあり、
最低1年は通い続けた方が良い

というのが私の持論です。


ただし、あまりにもひどい場合は打ち切った方が良いでしょう。

具体的には、ケースの見立てを質問しても答えてくれない、とことんあなたのやり方を批判や非難してくる、見立てた理由を聞いても納得する説明をしてくれない、スーパーヴィジョンが終わった後は誰かに話を聴いてもらわないといけないほど精神的に不安定になる・・・などです。


これは残念ですが、有名なカウンセリングの教授でもそうです。まあ、相性というかカウンセラーとしてのスキル以前の問題ですね。本や講演をしていても、カウンセリングがお粗末な方は大変多いのです。


上記を参考にして、良いスーパーヴァイザーを見つけていただければと思います。





    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | スーパーヴィジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。