スポンサードリンク
   


公認心理師はカウンセラーの資格ではない!?



近年、話題になってきている公認心理師ですが、カウンセラーの国家資格であるように思われているところがあります。

ただ、私の感覚では、公認心理師はカウンセラーの国家資格という風にはちょっと思えません。

というのも現在の公認心理師法では公認心理師の業務として、
 @心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
 A心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
 B心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
 C心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

の4つを上げており、心理に関する業務ではあるものの、心理検査や心理カウンセリングが業務であるとは書かれていません。

これは臨床心理士の業務が
 @ 臨床心理査定(心理検査や専門的見解からからの見立て)
 A 臨床心理面接(心理カウンセリングや心理療法)
 B 臨床心理地域援助(コンサルテーションや助言指導など)
 C @〜Cに関する研究(学会発表など)
と比べると、カウンセラーとしての高い専門性はあまり期待されていないように思えます。

私の感覚としては公認心理師は「認定心理士」の延長版のような気がしてなりません。
それでも国家資格ということで、就職もしやすくなるなどの優遇措置は取られるとは思うので、取得する意味は十分あるともいます。

といっても、あまり高い専門性は求められないので、公認心理師を取得したうえで、臨床心理士や学校心理士などの上位の資格を同時に取っていく方がいいと思います。

【スポンサードリンク】
   


posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】