スポンサードリンク
   


公認心理師の試験難易度を予測する


最近、話題になってきている「公認心理師」。

法案ができてからも、何度も議論や審議が重ねられており、大分中身もできつつある感じです。

厚生労働省のホームぺージ


上記ホームページでは公認心理師の業務は以下のように書かれています。

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。
(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供


なので、「カウンセリング」や「心理検査」は入っていません。
ただ、資格がもたらすイメージを考えると、カウンセリングや心理検査はできて当然という感じでしょう。

大学だけの勉強でカウンセリングができるかどうかは置いといてですが・・・。
もちろん臨床心理士でも業種によっては、カウンセリングや心理検査ができない人は多いのでそこは致し方ないのですが、公認心理師はカウンセラーの資格ではないということを念頭に置いておくことが必要だと思います。

公認心理師はあくまで心理の国家資格という視点で見るといいでしょう。

なので、試験もそれほど難しいのは出ないと思います。
難易度としては、臨床心理士よりかは簡単だろうと思います。


臨床心理士試験の難易度は、他のカウンセラー資格でも群を抜いて高いですからね。
大学院で修士論文まで書いた人が、何人かで集まってそれぞれ担当を決めて、調べたものを一緒に勉強してやっと受かるようなものです。
とても独学で受かるような試験ではありません。

それに比べると、大学卒でとれるということを考えて、公認心理師の試験難易度はかなり低いのではないかと思います。

また、法案では実務経験だけや、厚労省が定める研修を受けたら受験資格がいただけるという措置もあるみたいですね。まだまだ、中身が不安定なので、これから議論を重ねて決まっていくところでしょうが、法案が通っている以上、そうした経過措置はあると思います。

なので、これからカウンセラー資格を考えている人、特に若い人はは公認心理師を目指す方がいいと思います。
ただ・・・就職先があるかどうかは謎のままです。
できれば臨床心理士も視野に入れて目指す方がいいでしょう。

もちろん、現場によっては民間のカウンセラー資格でも採用されるところがあるので、そちらをとってもいいかもしれません。



↑民間のカウンセリングスクールの資料が無料でもらえます。

【スポンサードリンク】
   


posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】