スポンサードリンク
   


公認心理師とカウンセラー、臨床心理士の違いについて


2017年9月に公認心理師法が施行されました。

これは非常に大きなところですが、結構大きな混乱がありますね。

そこで、今回は公認心理師とカウンセラー、臨床心理士の違いについてお話ししたいと思います。

まず、公認心理師は心理学の国家資格です。
よく勘違いされるのですが、公認心理師はカウンセラーの国家資格ではなく、心理学の国家資格ということになります。

次に、カウンセラーとは、カウンセリングをしている人、カウンセリングを生業としている人です。

そして、臨床心理士とは臨床心理士資格を持って、心理職についている人を指します。

わかりやすく言えば、
カウンセラー:カウンセリングを生業としている人
臨床心理士 :臨床心理士資格を持ってカウンセリングなどの心理業務をしている人
公認心理師 :心理学の国家資格

ということです。

基本、カウンセラーになるには、どんなカウンセラー資格をとっても問題はありません。
おそらく、「公認心理師を取らないとカウンセリングをしてはいけない」ということにはならないでしょうし、もしなったとしてもそれまでにはかなり長い時間がかかると思います。

ただ、病院等では「公認心理師がカウンセリングや心理検査をすれば保険点数が付くようになる」ということが今後起きると思いますので、病院への就職においては公認心理師が圧倒的に有利になってくると思います。

ちなみに、臨床心理士は民間のカウンセリング資格ですので、今まで通り他のカウンセリング資格と同じような扱いになるでしょう。ただ、ほかの民間のカウンセラー資格よりも難易度と信頼性が高いので、就職には有利ですが、公認心理師の資格を持つことで、有利さがかなりアップするのではないかと思われます。

結論を言えば、カウンセリングをする上では民間のカウンセラー資格でも大差がないですが、やはり病院などの就職を考えると、公認心理師を取得したほうがいいということになります。

やはり、国家資格というだけで、強みは大分変りますからね。

しかし、公認心理師はあくまでもカウンセラーではなく、心理学の国家資格なので、そのうえで産業カウンセラーなど他のカウンセリング資格を持っているといいだろうと思います。


心理カウンセラーの資格情報は上記のサイトからどうぞ


上記でカウンセラー資格の資料が無料で手に入ります。
おすすめはメンタルケアWライセンス講座です。
基本から実践レベルまで幅広く抑えているので、臨床心理士までは難しいという人は、こちらを取るといいのかなと思います。




    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。