スポンサードリンク
   


公認心理師試験の難易度を予測する


公認心理師の試験が2018年に行われますが、初めての試験ということもあり、どんな試験問題がでるのか不安要素が大きいと思います。

そこで今回は試験勉強の息抜きに公認心理師試験の難易度を予測してみたいと思います。

ちなみに厚労省の出しているものに準ずると

1、出題範囲
・出題範囲として詳細な科目は定めず、「公認心理師として具有すべき知識及び技能」について出題する。
・現任者については、法令の附則で「科目の一部を免除する」となっていたが、試験自体で詳細な科目を定めないため一部免除は行わない。

2、試験の実施方法等
・全問マークシート方式
・問題数は150〜200 問程度
・ケース問題を可能な限り多く出題
・試験の実施時間は1問あたり1分(ケース問題は3分)を目安とする
・公認心理師としての基本的姿勢を含めた基本的能力を主題とする問題と、それ以外の問題を設ける。

3、合格基準
正答率60%程度以上

4、試験実施時期
・第1回は2018年12月までに実施する
・第2回以降の試験実施時期は今後検討する
・試験は年に1回の実施とする


ということになります。

ちなみに、公認心理師祝のための必要なカリキュラムでは、

心理学基礎科目
1.公認心理師の職責 2.心理学概論
3.臨床心理学概論  4.心理学研究法
5.心理学統計法   6.心理学実験

心理学発展科目
基礎心理学
7.知覚・認知心理学 8.学習・言語心理学
9.感情・人格心理学 10.神経・生理心理学
11.社会・集団・家族心理学 12.発達心理学
13.障害者(児)心理学 14.心理的アセスメント
15.心理学的支援法

実践心理学
16.健康・医療心理学 17.福祉心理学
18.教育・学校心理学 19.司法・犯罪心理学
20.産業・組織心理学

心理学関連科目
21.人体の構造と機能及び疾病
22.精神疾患とその治療 23.関係行政論

があります。

つまり、この中から出題され、また問題数は150〜200問、さらに事例問題が出るという感じかなと思います。

となると、一番ネックなのは幅広く心理学を再度勉強することと、さらに統計(正直かなり苦手な方多いと思います)、司法・犯罪や産業・組織などあまり勉強してこなかった分野を押さえておく必要があります。

これだけ広範囲なものを仕事をしながら勉強するというのはかなり厳しいところですが、試験の難易度については臨床心理士試験と比べるとさほど難しくないようです。
(これは2015年の心理臨床学会のシンポジウムで聞いた話ですが、まああまり当てにはできないかなと思います。とはいっても大学院まで出ないと取れない臨床心理士の試験よりも難しくなるというのは、ちょっと考えにくいですが・・・)

となると、まずはこの本を公認心理師の過去問代わりに使うというのが鉄則でしょう。
臨床心理士資格試験問題集(3(平成23年〜平成25年)) [ 日本臨床心理士資格認定協会 ]

事例問題もたくさん出ているので、このシリーズは買っておいて損がないでしょう。

さらに基礎心理学全般をカバーしたいのであれば、こちらの本がおすすめです。
心理学検定基本キーワード改訂版 [ 日本心理学諸学会連合 ]

こちらはさっそく買いましたが、幅広く記載されているので、心理学をおさらいするのであればかなり有力な本だと思います。

まずはこの辺りを網羅していくのが近道だと思います。

ただ、「これで確実に受かる」とは言い切れませんが、まずはできるところから一つ一つ進めていきたいと思います。




    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。