スポンサードリンク
   


公認心理師の資格の難易度はどれくらい?


今年の9月に公認心理師の資格試験が始まりますが、試験の難易度はどれくらいでしょうか?

これは非常に難しいところです。

試験内容は知識を問う問題は少なく、事例問題がかなり出るようです。

カウンセリングの事例とか心理検査の問題が多く出るのではないかと思います。

となると、臨床心理士や実際にカウンセリングの現場で働いている人にとってはかなり難易度は低い試験になるのではないかと思います。

逆にそれ以外のところで働いている人にとっては、難易度はかなり高いだろうと思います。

ちなみに、公認心理師はカウンセラーの国家資格ではありません。
あくまでも心理の国家資格です。

なので、臨床心理士試験と比べると、難易度はかなり低くなるのではないかと思います。

まあ、事例問題が頻出するということは、ある程度対策が立てやすいのでとても有利な情報ですね。

事例問題対策は以下の本を読んでみることをお勧めします。




よく民間で臨床心理士試験の問題集を出しているところがありますが、こちらは臨床心理士資格認定協会が出している本なので、大分信頼性はあると思います。

臨床心理士試験になぞらえて試験勉強をすると、公認心理師の難易度もある程度下がってくると思います。



    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。