スポンサードリンク
   


カウンセラーの求人は公認心理師によって増えるか


そろそろ公認心理師の試験日が近づいてきています。




いかがでしょうか。




私は全く手つかずです。


今年はあきらめているところですね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

公認心理師必携テキスト [ 福島哲夫 ]
価格:4860円(税込、送料無料) (2018/6/1時点)



↑もう買いましたか?

さてさて、公認心理師ができたことにより、一番の関心は「果たしてカウンセラーの求人が増えるかどうか」だと思います。




カウンセラーの常勤職の求人は非常に少ないのが現状です。




あるにはあるのでしょうが、狭き門だなあと思います。




公認心理師を目指している人の多くが「これを取れば常勤職の雇用のチャンスが増える」というところですが、現実はかなり厳しいのではないかと個人的には考えています。




おそらく保険点数では、それほど増加は見込めないでしょう。


カウンセリングを保険診療で500点とするのは可能ですが、精神科医師はわずか5分で500点を稼ぎます。


また、ロールシャッハなど難易度の高い検査はわずか450点です。




これがどれくらいのものかというと、1点10円で計算すればわかると思います。




つまり、4500円。




施行して解釈、所見作成までに2〜3時間はかかります。


時給換算すると1時間2000円前後でしょうか。




公認心理師の法改正でこの辺りがどのように変わってくるのか、それが求人増加のネックとなるのかなと思います。






    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。