スポンサードリンク
   


公認心理師を取得して一番就職しやすい職種と言えば?


公認心理師を取得して一番就職しやすい仕事はどのようなものでしょうか?

これは私の予想ですが、一番は「放課後等デイサービス」です。

放課後等デイサービスとは?


放課後等デイサービスは福祉事業です。

障害を抱えたお子さんをお預かりして療育やレスパイトケアをしていきます。

障害を抱えた〜というと、かなり重たい重度の自閉症や知的障害をイメージしますが、中にはごくごく軽度のお子さんもいます。

ADHDやアスペルガー、自閉症スペクトラム障害などのお子さんも療育を中心にお預かりしている場合もあります。

これは事業所によって特色があり、重度専門のところから軽度しか引き受けないところまで、まさにピンキリです。

で、なぜこの放課後等デイサービスが求人のねらい目かというと、それはこの事業のシステムが関係しています。

福祉事業所になるのですが、この事業所には1つにつき、児童発達支援管理責任者(児発管)1名と児童指導員3名を必ず置かないといけません。

この児発管の任用資格には保育士や教員が必須なのですが、実は公認心理師が入ることになっています。
(ちなみに、臨床心理士は民間資格のため資格外になっています。基本、国家資格が必要条件となっています)

そして、児童福祉法が変わったことにより、今放課後等デイサービスはどこも人手不足の状態になっています。
(具体的に言えば、今までは介護士でもOKだったのが、保育士や教師でないとダメとなったので、その分人手不足に陥っているのです)

臨床心理士は今までは放課後等デイサービスで働くのにはまだまだ難しい状態でしたが、公認心理師が児発管や児童指導員の要件になっているので、おそらくかなり求人が増えてくることが予想されます。

なので、かなりねらい目の職種だと思います。



    スポンサードリンク
   



posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。