スポンサードリンク
   


カウンセリングに人生経験は必要ない?


カウンセリングに人生経験は必要か?

これはカウンセリングを知らない人であれば、多くの人が思う疑問です。

答えとしてはカウンセリングに人生経験はあまり必要ありません。

カウンセリングに必要なのは、カウンセリングスキルです。

カウンセリングスキルとは、カウンセリングの進め方のスキルと、クライエントの見定め方のスキルです。

例えば、スクールカウンセラーの多くは学級経営や教科指導の経験はしていません。
また教師の立場で不登校や子供の問題を解決した経験もありません。

スクールカウンセラーだからと言って、教師のように活躍できるわけではないのです。

また、子育ての経験がないからと言って、子育てカウンセリングができないわけではありません。

実質、独身の方でも子育てカウンセリングが上手な方はかなり多いのです。

もちろん、人生経験豊富な方が良いに越したことはないのですが、だからと言ってカウンセリングに絶対必要なわけではないのです。


ただ、だからといって「社会経験、人生経験がカウンセラーには全く必要ないんだ」なんて思わないでくださいね。

長年引きこもっている人が、本だけで勉強しただけで、カウンセリングができるほど、この世界は甘くありません。

やはり、全く必要はないのではなく、人生経験とともに、カウンセリングスキルを高めていく努力の両方が必要なんだということです。

大切なのは、あなたの人生経験をどう上手にクライエントのために、カウンセラーとして発揮するかということでしょう。

posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセリングの記録の書き方


カウンセリングの重要な仕事の一つが「記録を書くこと」です。

この記録の書き方なんですが、本当に難しくて、慣れないうちは毎日1時間もかけて格闘していたのを覚えています。

ただ、経験を重ねるうちにそんなに時間をかけていられない・・・と最近は10分〜15分で書ききるようにはしています。

このカウンセリングの書き方のポイントですが、一昔前はクライエントの反応やカウンセリングの流れを詳しく書くことが求められていました。
これはカウンセリングの記録を基にして、自分なりの理論ややり方を打ち出したり、事例研究などに使うことが目的とされていたんですね。

しかし、このやりは内容が曖昧なものになりやすく、読んでいてわかりづらいものになりがちです。

特に、最近は説明責任というのがカウンセリングにもついて回るようになってきたために、このような書き方は不適切なものとみなされるようになりました。

今のカウンセリングの記録の書き方は、何といっても弁護士や同僚、外部に見せても大丈夫かどうかが、明確であることが求められます。

例えば、クライエントはどんな人で、どういう主訴で来られ、またどういう状況に置かれ、そのためどういうアセスメントをして、どう対応したのか・・・。

要するにカウンセラーとして、どうしてそういう心理支援を行ったのかという根拠が明確にわかるように記録を書かないといけないということです。

これから、カウンセリング記録が裁判にも使われる・・・なんてことが増えてくるのが予想されるので、法的にも耐えられるような記録が書けるようにならないとね、って話でした。


相談援助職の記録の書き方 [ 八木亜紀子 ]
価格:2376円(税込、送料無料)




カウンセリングの記録の書き方については上記の本がおすすめ!!
初心者からベテランまで使える本です。
どんな記録がいいのか、どうやって書けばいいのか、事例とともにわかりやすく説明しています。

posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセラーが抱える苦悩・ストレスについて


カウンセラーが抱える苦悩・ストレスについてお話します。


カウンセラーという仕事は
基本クライエントに振り回されやすい仕事です。


カウンセラー 苦悩 ストレス


例えば、クライエントが「もういいか」と思った瞬間、
いくらカウンセラーの方が「まだカウンセリング来た方が良い」と思っていたとしても、
クライエントの判断でカウンセリングが中断になってしまうことは良くあります。


また、急なドタキャンやクライエントの都合で日程を変えられるなど、
カウンセラーはとにかくクライエントに振り回されやすいのです。

ただ、振り回されやすいのであればともかく、
開業していると、クライエントに振り回される=収入の減少に直結します。

これはカウンセラーにとってかなりのストレスでもあります。

この辺り、カウンセラーを辞める最大の原因となることもあります。


そのため、
そうした収入の減少やクライエントに振り回されても
少々のことではへこたれない心の強さを持つ必要があります。


まあ、「クライエントのドタキャンぐらいまいいか」と
思えるような懐の深さがカウンセラーには求められるのです。


かといって、それは「クライエントに振り回されないぞ」と
ガンとなって気構えるのとは異なります。


何というか
「そういうこともあるか」と軽く受け流せるような心の余裕というか、
そういうのがカウンセラーには必要だということです。


それができないと、
クライエントの言動にいちいち振り回されてしまい、
苦悩したり、ストレスを抱え込んだりしてしまいます。


非常に現実的な苦悩ではありますが、
これがカウンセラーの抱えるストレスで一番多いものではないかと思います。


posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若いカウンセラーは謙虚な姿勢が必要


カウンセラーの中で、とにかく若いうちは相当苦労します。

何故かというと、若いというだけで
「こんな青二才に何がわかるか」と
不信感を抱かれるのです

カウンセラーには人生経験は不要で、
臨床スキルがあればいいと言われますが、
とはいっても若いうちはなかなか理解してもらえません。

そのため、若いうちは謙虚な姿勢が何よりも必要です

真剣に話を聴く、真摯に学び続ける姿勢です。


最近は、カウンセリングでも
「プロの人だからお話しますが・・・」と
前置きでお話ししてくれる人も増えてくるようになりました。


私もそうですが、20代のころは、
若いというだけでクライエントが
一歩距離を置いたような感じでお話を
されることも多々ありました。

具体的に言えば、
なんか当たり障りのないことを話す感じで、
本当に話したいことがあるのに、
なかなか話そうとしない感じです。

言いたいのではなく、
明らかに「こんな若い人に話しても無駄だろう
」という先入観で話すの避けるのです。


この傾向は40〜50代の男性に多いという印象です。

しかし、そうした中で一生懸命に話を聴く、
つまりクライエントを理解しようと頑張っているうちに、
「この人は信用できるかも・・・」とクライエントが信頼してくれるようになります。

ここだけで、2〜3回のカウンセリングが必要なことも多いです。


これはカウンセリングですが、
スクールカウンセラーになれば、さらに難しくなります。

教師は完全に年功序列の世界なので、
若いというだけで、ほとんど相手にされないということも多いです。

まあ、経験も重ねて、
貫録がついて来れば変わってくるのですが、
それまでが非常に苦労します。


その上で、必要なのが謙虚な姿勢です。

しかし、謙虚さは臨床する上で、
一番大切な要素です。

謙虚な姿勢でひたむきに
臨床に取り組む姿勢が特に大切なのです。


ぜひ、「若いカウンセラーだから認めてくれない」と
嘆くのではなく、謙虚に真摯にできることを
頑張る姿勢を持ち続けてください。



それが、あなたのカウンセラーとしての
能力向上にもつながります。

posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセリング能力を上達するために必要なこと


前回、ダメなカウンセラーの特徴についてお話しました。

それを踏まえて、ダメなカウンセラーにならないよう
カウンセリング能力を上達するための方法について
書かせ頂きたいと思います。


カウンセリング能力を上達させたければ、
次のことをまずは意識しましょう。


自分に合った理論と師匠を見つけること。


カウンセリングの理論ややり方は、
精神分析を始め、ユング派、自己心理学、
ゲシュタルト療法、実存分析、アドラー心理学、
来談者中心療法、フォーカシング、認知行動療法、
リアリティセラピー、短期療法、
心理ドラマ、SSTなど多岐にわたります。


そして、ここからが大切なことですが、
カウンセリングの理論や技法というのは、
創始者の人生観にかなりの影響を受けています。

となると、カウンセリングの理論や技法は、
学ぶ人との相性がかなり重要になってくるのです



例えば、精神分析が合う人もいれば、
生理的に受け付けない人もいます。

来談者中心療法よりも認知行動療法の方が
しっくりくる場合もああります。

そのため、しばらく勉強してみて「合わないなあ」と感じたら、
別の理論を学ばれてみてもいいでしょう。


まあ、基本は臨床経験を積んでいくうちに、
行き詰ってしまい、その都度いろんな勉強をして、
最終的に自分に合ったやり方にたどり着くだろうと思います。


また、師匠選びも大切です。

自分の感覚に合った師匠に出会えれば、
あなたのカウンセリングの能力は飛躍的に向上するでしょう。


ただ、合わない師匠であれば、
むしろマイナスに動いてしまうかもしれません。

感覚的な部分が大きいですが、カウンセリングの技術向上は、
自分に合った理論と師匠を選ぶことがスタートです。


ここに数年かける人もいます。それだけ必要なことと思います。

それまでは、何度も行き詰ったり、
失敗することもありますが、
その繰り返しが、あなたの財産となるだろうと思います。

posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダメなカウンセラーの特徴とは?


ダメ教師、ダメ社員、やぶ医者など
いろいろいますが、もちろん
ダメなカウンセラーというのもいます。


簡単に言えば、ダメなカウンセラーとは
クライエントを害するカウンセラー
です。

その特徴を簡単ですが
紹介したいと思います。


例えば、子どもを虐待している
お母さんが来たとします。

そこで「お母さんダメねえ、
子育てはそんな上手く行かないことも
わからないの?」とすぐに叱責や非難をするカウンセラー。


いかがでしょう。


子育ての経験がある人ならわかりますが、
そんなことを言われて
「そっか、カウンセラーの言うとおりだ」と
素直に受け入れる人はおそらく皆無でしょう。


中には「そっか、私は母親の資格がないんだ」と
自己嫌悪に陥り、さらに虐待が悪化したり、
先を悲観して一家心中してしまう可能性もあり得ます。


ダメなカウンセラーの特徴は、具体的に言えば、
クライエントの気持ちを一切聞けない、
聴こうとしないカウンセラー
」ということです。

そして、
クライエントを傷つけていることに
全く気づかないカウンセラー

のことです。


他にもダメなカウンセラーの特徴として、
不幸な人もカウンセラーには向いていません。

カウンセラーはクライエントが
幸せな生き方ができるよう
援助するのがお仕事です。



そのカウンセラーが不幸だと、
クライエントを援助することなどまずできません。


夫の不倫で心身ともに参っているときに、
「夫の不倫が原因で心がぐちゃぐちゃ、心を整理したい」
というクライエントが来たら、どうでしょう。

おそらく、聴けないばかりか、
「そんなどこも一緒よ。悩んじゃダメ」と
軽くアドバイスをして終わり、
といった結果になることもあり得るかもしれません。


クライエントは意を決して話したのに
逆に傷ついたような気持ちになるでしょう。


このブログを読んでいて、
カウンセラーを目指している方は、
ぜひダメカウンセラーにならないように
精進してほしいと思います。

posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセラーは「理解されない仕事」という覚悟が必要


カウンセラーになるために
は覚悟が必要です。

カウンセラーの仕事は一般の人に
はなかなか理解されないものです。

例えば、カウンセリングとは
「クライエントを治すもの」ではありませんし、
「受けたら人生の見通しが簡単に見える」
というものでもありません。

あと、「ただ話を聴くもの」でもありませんし、
「癒しを与えるもの」でもありません。

ただただ、クライエントが前を向いて歩けるように
支えていくことがカウンセリングです。


この感覚は、一般の方にはなかなか理解されませんし、
カウンセリングを学んで何年か実践を積んで
その上でやっとわかり始めるよなうなものです。

(まあ、カウンセラーでも
この感覚がなかなかわからないという人もいますが・・・)


理解されない分、当然ですが、
誤解されることも多いです。


「カウンセリングってただ聴くだけでしょ?
誰にもできるよね」

「話聴いているだけじゃない。
そんなんでよくお金を取れるね。」

といった言葉を聴くことはとても多いです。


もちろん、経験を積んで、
カウンセリングを理解するようになれば、
こういう言葉で惑わされることは少なくなりますが、
とにかくカウンセリングは一般の人から
誤解されやすいものです



そうした誤解と理解されないということを
まずは覚悟しないといけません



「私は世間一般の人から
理解されないことをしている
」という覚悟です。

その上で、クライエントをしっかりと
支えていこうとい決意と覚悟が必要なのです。


カウンセリングは一部は理屈の世界ですが、
大半は感覚・感性の世界です。

感性は人によって異なりますし、
その分誤解、ズレが起こり得るものです。


巷ではカウンセリング・ブームがあり、
カウンセリングを学んでいる人も多くなりました。

大学で「心理学」「カウンセリング学」を
学んだ方もたくさんおられます。

しかし、それでもカウンセリングをしっかりと
感覚のレベルで理解している人はいません。


いるとしたら、
一度カウンセリングを受けたことのある人か、
そうしたセンスを持っている人か、
ベテランのカウンセラーくらいです。

もちろん、そうした人は少数派です。

そうした「わかってもらえない」中で仕事をするという
決意と覚悟がカウンセラーには必要ではないかと思います

posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセラーの大切な心構えとは


カウンセラーに大切な心構えについて、
一番は「出しゃばらない」ことです。

そして、
クライエントを害さないということ
です。

前に出ようとするタイプは
あまりカウンセラーには向いていません。

一つはカウンセラーとは、
クライエントを支えるのが仕事です。

クライエントを良くするのが仕事ではありません。

よく「カウンセリングで良くなった」
と言うカウンセラーがいますが、
それはクライエントが頑張った結果です。

クライエントが必死に自分の問題に取り組んだ結果です。

クライエントが自分の問題に
取り組めるように、支えるのが
カウンセラーの仕事です。


そのため、カウンセラーの
カウンセリングの心構えとして
クライエントの頑張りを
「引き出す」「邪魔しない」「妨げない」が
大切になってくるのです。


特にクライエントの頑張りを
「邪魔しない」「妨げない」はとても重要です。


でしゃばると、クライエントの頑張りを
台無しにしてしまいます。

たった一言の余計な発言で、
クライエントのやる気を損なわせ、
大きな害悪となってしまうことも少なくありません。



カウンセラーは
謙虚なくらいがちょうどいいでしょう。

そして、クライエントを支える立場である
ということをしっかりと肝に銘じておくことが大切です。


クライエントのやる気を
引き出すためにしっかりと傾聴する、
聴き続ける姿勢が必要です。

そしてクライエントが取り組むことに対し、
クライエントが答えを出せるように
一緒に考えていくこと

がカウンセラーのあるべき姿です、。

これがカウンセラーの
大切な心構えであると言えます。


↑カウンセラーとしての心構えや
精神慮法のコツについて書かれています。

難しいですが、カウンセラーになる方に
お勧めの一冊です。
posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心理カウンセラーになるには・・・?


こんにちは。ショウと言います。

現役のプロカウンセラーとして、
スクールカウンセラーや
病院のカウンセラーをしています。

ちなみに臨床心理士資格を持っています。

心の問題が多く指摘されていて、
心理カウンセラーの重要性が
高まってきています。

「心理カウンセラーになりたい」
「心理カウンセラーにはなるには」
と言う声が私の耳にも良く入ってきます。

興味を持つ方が増えています。

実際にいろんなカウンセラー資格を
持っている方、すでに現場で
活躍している方ともお会いすることが
増えてきました。

世間一般でニーズが高まりつつある
カウンセラーという仕事ですが、
実際はどうなのでしょうか?

例えば・・・
どの学校に行けばなれるのか?
どの資格を取得すればなれるのか?
どんな勉強をすればいいのか?
どんな仕事をすればいいのか?
また将来性はあるのか?

まだまだ心理カウンセラーに
対する疑問や質問したいことはありますが、
現状ではわからないことだらけ
という人も多いのではないかと思います。

特に収入や
「どうやったらなれるのか?」は
非常に興味があるところなのでは
ないかなぁと思います。

このブログではそうした
心理カウンセラーのなり方や、
仕事の中身、将来性などいろんなことを
お伝えしています。


興味がある方は
ぜひ立ち寄ってみてください。

また、私個人の感想ですが、
カウンセラーという仕事は
非常にやりがいもあり、

生きがいにつながる
素晴らしい仕事だと思います。

その分、厳しい現実も多々あります。

普段私が見てきたことだけ
かもしれませんが、
カウンセラーという仕事の大変さ、
現実もいろいろとお伝えしたいと考えています。

posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】