スポンサードリンク
   


カウンセラーは「理解されない仕事」という覚悟が必要


カウンセラーになるために
は覚悟が必要です。

カウンセラーの仕事は一般の人に
はなかなか理解されないものです。

例えば、カウンセリングとは
「クライエントを治すもの」ではありませんし、
「受けたら人生の見通しが簡単に見える」
というものでもありません。

あと、「ただ話を聴くもの」でもありませんし、
「癒しを与えるもの」でもありません。

ただただ、クライエントが前を向いて歩けるように
支えていくことがカウンセリングです。


この感覚は、一般の方にはなかなか理解されませんし、
カウンセリングを学んで何年か実践を積んで
その上でやっとわかり始めるよなうなものです。

(まあ、カウンセラーでも
この感覚がなかなかわからないという人もいますが・・・)


理解されない分、当然ですが、
誤解されることも多いです。


「カウンセリングってただ聴くだけでしょ?
誰にもできるよね」

「話聴いているだけじゃない。
そんなんでよくお金を取れるね。」

といった言葉を聴くことはとても多いです。


もちろん、経験を積んで、
カウンセリングを理解するようになれば、
こういう言葉で惑わされることは少なくなりますが、
とにかくカウンセリングは一般の人から
誤解されやすいものです



そうした誤解と理解されないということを
まずは覚悟しないといけません



「私は世間一般の人から
理解されないことをしている
」という覚悟です。

その上で、クライエントをしっかりと
支えていこうとい決意と覚悟が必要なのです。


カウンセリングは一部は理屈の世界ですが、
大半は感覚・感性の世界です。

感性は人によって異なりますし、
その分誤解、ズレが起こり得るものです。


巷ではカウンセリング・ブームがあり、
カウンセリングを学んでいる人も多くなりました。

大学で「心理学」「カウンセリング学」を
学んだ方もたくさんおられます。

しかし、それでもカウンセリングをしっかりと
感覚のレベルで理解している人はいません。


いるとしたら、
一度カウンセリングを受けたことのある人か、
そうしたセンスを持っている人か、
ベテランのカウンセラーくらいです。

もちろん、そうした人は少数派です。

そうした「わかってもらえない」中で仕事をするという
決意と覚悟がカウンセラーには必要ではないかと思います



posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセラーの大切な心構えとは


カウンセラーに大切な心構えについて、
一番は「出しゃばらない」ことです。

そして、
クライエントを害さないということ
です。

前に出ようとするタイプは
あまりカウンセラーには向いていません。

一つはカウンセラーとは、
クライエントを支えるのが仕事です。

クライエントを良くするのが仕事ではありません。

よく「カウンセリングで良くなった」
と言うカウンセラーがいますが、
それはクライエントが頑張った結果です。

クライエントが必死に自分の問題に取り組んだ結果です。

クライエントが自分の問題に
取り組めるように、支えるのが
カウンセラーの仕事です。


そのため、カウンセラーの
カウンセリングの心構えとして
クライエントの頑張りを
「引き出す」「邪魔しない」「妨げない」が
大切になってくるのです。


特にクライエントの頑張りを
「邪魔しない」「妨げない」はとても重要です。


でしゃばると、クライエントの頑張りを
台無しにしてしまいます。

たった一言の余計な発言で、
クライエントのやる気を損なわせ、
大きな害悪となってしまうことも少なくありません。



カウンセラーは
謙虚なくらいがちょうどいいでしょう。

そして、クライエントを支える立場である
ということをしっかりと肝に銘じておくことが大切です。


クライエントのやる気を
引き出すためにしっかりと傾聴する、
聴き続ける姿勢が必要です。

そしてクライエントが取り組むことに対し、
クライエントが答えを出せるように
一緒に考えていくこと

がカウンセラーのあるべき姿です、。

これがカウンセラーの
大切な心構えであると言えます。


↑カウンセラーとしての心構えや
精神慮法のコツについて書かれています。

難しいですが、カウンセラーになる方に
お勧めの一冊です。
posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心理カウンセラーになるには・・・?


こんにちは。ショウと言います。

現役のプロカウンセラーとして、
スクールカウンセラーや
病院のカウンセラーをしています。

ちなみに臨床心理士資格を持っています。

心の問題が多く指摘されていて、
心理カウンセラーの重要性が
高まってきています。

「心理カウンセラーになりたい」
「心理カウンセラーにはなるには」
と言う声が私の耳にも良く入ってきます。

興味を持つ方が増えています。

実際にいろんなカウンセラー資格を
持っている方、すでに現場で
活躍している方ともお会いすることが
増えてきました。

世間一般でニーズが高まりつつある
カウンセラーという仕事ですが、
実際はどうなのでしょうか?

例えば・・・
どの学校に行けばなれるのか?
どの資格を取得すればなれるのか?
どんな勉強をすればいいのか?
どんな仕事をすればいいのか?
また将来性はあるのか?

まだまだ心理カウンセラーに
対する疑問や質問したいことはありますが、
現状ではわからないことだらけ
という人も多いのではないかと思います。

特に収入や
「どうやったらなれるのか?」は
非常に興味があるところなのでは
ないかなぁと思います。

このブログではそうした
心理カウンセラーのなり方や、
仕事の中身、将来性などいろんなことを
お伝えしています。


興味がある方は
ぜひ立ち寄ってみてください。

また、私個人の感想ですが、
カウンセラーという仕事は
非常にやりがいもあり、

生きがいにつながる
素晴らしい仕事だと思います。

その分、厳しい現実も多々あります。

普段私が見てきたことだけ
かもしれませんが、
カウンセラーという仕事の大変さ、
現実もいろいろとお伝えしたいと考えています。

posted by ショウ at | カウンセラーの心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。