スポンサードリンク
   


カウンセラーに向いていない人


カウンセラーを目指す人にとって、どうしても難しい問題の一つが「私はカウンセラーに向いているのだろうか」という悩みです。

カウンセラーを目指すのは簡単です。
資格を取得すれば、カウンセラーになることはできます。
(ただ、カウンセリングの仕事ができるかどうかはまた別の話ですが・・・。)

ここで私なりにカウンセラーに向いている人、向いていない人と言うのを考えてみたいと思います。

まず、カウンセラーに向いていない人というのはこういうタイプです。
「私は辛い思いをしたから、人の気持ちが分かる」と言うタイプ。
「人の相談に乗るが得意だから向いている」と言うタイプ。
「傷つきやすいから、傷ついている人の気持ちが分かる」と言うタイプ。

これらはカウンセラーになりたい動機のベスト3に入るのですが、正直一番向いていないタイプです。

鈍感すぎる人はカウンセラーに向いていませんが、繊細過ぎる人もカウンセラーには向いていません。

繊細過ぎる人は相手の辛い話に対して、恐らくかなりショックを受けるだろうと思います。例えば、性的虐待を受けた人の話をしっかりと聴けますか?実の父にレイプされた話とか。その時にクライエントは涙を流し、恐怖と嫌悪感、そして自己嫌悪に震えながら話します。
それをしっかりと耳を傾けること、じっくりと聞き続けることが必要です。

傷つきやすい人は、クライエントの傷ついている話を聴いて、逆に傷ついてしまうかもしれません。そうした人はカウンセラーの資格や勉強をすることで、自分を守る術を身につけて行くのであればいいですが、カウンセラーの仕事をするのはお勧めできません。非常に危険だからです。

また、いくら困っていても悩んでいても、必要であればスパッと切り捨てる覚悟もいります。全ての人を救うことは到底不可能な話です。

だからこそ、出来ないのであれば、スパッと断る、切っていくことがカウンセラーには必要な姿勢となります。

ただ、鈍感な人も向いていません。そういう人はクライエントの繊細な話についていくことができません。
繊細な人は、一つの出来事を多方面から、また自分の様々な感情や感覚を含んで話します。「彼氏に殴られた」という場合、その人の中には怖さや彼への憎しみ、怒り、将来の不安、彼への愛情、喪失感、悲しみ、無力感など、様々な感情や気持ちが複雑に渦巻いているものです。
鈍感だと「彼氏に殴られた→怒る・怖い→別れる」と単純に物事を見てしまい、クライエントの複雑な心境を理解できません。これはカウンセリングをする上で致命的です。

ただ、これらは当然ですが、カウンセリングを経験する中で一つ一つ乗り越えることで、成長することで、直されていく部分でもあります。
なので、一概に向いていないとは言えないのですが、ただ上記の動機を持っている人は今一度自分をしっかりと見つめ直してください。そのためにはカウンセリングや心理療法のワークショップなどで自分を振り返るといいでしょう。

自分を良く知らないというのはカウンセラーとしては致命的だと思います。

次回、カウンセラーに向いている人について考えて見たいと思います。
posted by ショウ at | 心理カウンセラーとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセラーに向いている人



前回は、カウンセラーに向いていない人についてお話しました。
今回は、「向いている人」についてです。

カウンセラーに向いている人というのは非常に難しいですね。
現役のベテランカウンセラーでさえ、「カウンセラーに向いていないのではないか」と自問自答することもあります。

カウンセリングをしていると、「失敗したなあ」と自己嫌悪で一杯になることはいくらでもあります。
そこで潰れてしまう人はまあカウンセラーの仕事は向いていないと思います。

単刀直入に言えば、向いている人と言うのは
・自己研鑽を怠らない人
・改善し続ける人
・自分の欠点・弱点をしっかりと把握している人
だろうと思います。

さらにそれでいて
・カウンセラーと言う仕事をしっかりと楽しめる人。
も入ると思います。

ちなみに私の趣味は自分を洞察することで、あの時この時の自分の感情や感覚を振り返ったり、そこでいろんな考えを過らせたりすることがあります。
まあ、一種のセルフ・カウンセリングですね。クライエントが話したことなどずっと自分の中で反芻したります。すると、「あ、クライエントの言いたかったことはこれか!」とぴったりくる感覚を持つことがあります。

まあ、そうやって楽しんで自分なりに改善や自己研鑽を続けています。

私はカウンセラーに向いている人と言うのは、
「楽しんで自分を良くしようと改善し続ける人」だと思います。

ちょっと抽象的ですね。
前回話した、カウンセラーに向いていない人も、「もっとクライエントのためによいカウンセリング・支援ができるように成長したい」と一生懸命考えて実践している人はカウンセラーに向いているんじゃないかと思います。

逆にいかにカウンセラーとしての資質があっても、向上心がないタイプは「どうかなあ」と思います。
まあ、常に前を向いて、研鑽・改善をしようと歩こうとするタイプがカウンセラーとして向いていると思います。ぜひ、カウンセラーの資格を取得した後もスーパーヴィジョンや研修、ワークショップの参加など自己研鑽に努めて行ってほしいと思います。
posted by ショウ at | 心理カウンセラーとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単にプロの心理カウンセラーとして働く方法


カウンセラーになるためには
わざわざ臨床心理士の資格を取得しなくても、
民間のカウンセリングスクールで
カリキュラムと試験をクリアすれば
取得することが可能です。


もし、カウンセリングスクールを
お探しの場合は、下のサイトから
無料でスクールの資料を請求することができます。



カリキュラムや内容も書かれているので、
金額、距離、自分に合った雰囲気の
スクールかどうかを吟味したうえで
選ばれると良いでしょう。

カウンセラーの資格を取った後は、
カウンセリングルームを開業しましょう。

場所と名前、料金、時間設定、
連絡先、メールカウンセリングの有無

などを決めて、

それに基づいてホームページを
作成してください。

その際に、
自身のカウンセリングのやり方や方針、
そして得意なクライエントなども
サイトに乗せましょう。

ブログでカウンセラーとしての考え方や心構え、
あなたを良く知ってもらうための
日記などをブログに書いてもいいでしょう。

これであなたも
プロの心理カウンセラーです。

つまり、
開業すればいいのです。

開業すればあなたはすぐに
プロカウンセラーとして働くことが可能です。

なぜなら、カウンセラーの国家資格はないので
(臨床心理士も有名なだけで実は民間資格です)、

民間スクールのカウンセラー資格を
取得して開業しても、法律的には
別に問題はありません。

病院や整骨院みたいに
詐欺で訴えられることはまずありません。

あとはSEO対策をして、
あなたのカウンセリングルームのサイトが
上位表示されるようになれば、
クライエントはやってくるようになります。

(この辺りは、
どこのカウンセリングルームでも
企業秘密としているので
詳しく教えることはできません)

詳しく知りたい方は、
Googleでカウンセリングルームを検索して、
他のカウンセラーさんがどんなサイトを
作成しているのか研究してみてもいいでしょう。


と、いろいろ書いてきましたが、

私個人としては、
資格を取得して、すぐに開業と言うのは
全くお勧めできません。


いや、むしろしてはダメです。

この理由については
次回に書きたいと思います。

posted by ショウ at | 心理カウンセラーとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会に役立つカウンセラー資格を最短で通信教育で取得するには?


単にカウンセラー資格を
取得したいのであれば
一年もあれば簡単にできます。

いや、一年もかからないかな?

通信で最短でカウンセリラー資格を
取得したいのであれば下のサイトをご覧ください。

資料請求も無料でできますし、
最短4か月でメンタル心理士という
カウンセラー資格の取得が可能です。
↓ ↓ ↓ ↓




興味ある方は、資料請求されるといいと思います。


心理カウンセラーの資格を取るだけで
良ければ実は非常に簡単です。

ただ、これだけは覚えておいてほしいのは、
通信教育だけでカウンセラーの仕事をするのは
かなり厳しいということです。


例えば、看護師や営業職、教職など
対人援助の仕事についている方が
「スキルアップをしたいけど時間がない」
という場合に、このような通信教育を
利用するのは非常に有効でしょう。

(まあ、営業マンには産業カウンセラーや、
教職には学校心理士など、
固有の専門分野に応じた
カウンセラー資格があるのですが、
それでも時間がないという場合には
非常に有効だと思います)

しかし、通信の資格だけでカウンセラーの
仕事を見つけて職に就こうとするのであれば、
非常に厳しい状態に直面します。

そもそも、通信などの資格では
カウンセラーの職を得ることが難しいです。

先ほど、すでに他の仕事についてる方が
有効だとお話したのは、
現在の仕事にカウンセラーの知識や
スキルを活かすことで業務の幅が
広がるという意味です。


そのため、
カウンセラーの仕事に就くことを目的として、
通信教育を考えるのは望ましいとは言えません。

ただ、カウンセリングの勉強をすることで、
視野が広がり、人間関係の幅も広がるため、
そうした意味では通信教育で
勉強することは良いだろうと思います。



↑通信以外でもたくさんのカウンセラー資格を
取得できるスクールはたくさんあります。

興味ある方は無料で資料請求できますので、
どうぞご利用ください。
posted by ショウ at | 心理カウンセラーとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多くの人が心理カウンセラーになりたい動機とは?


心理カウンセラーは
かなり人気のある職業の一つだと思います。

それは多くの通信講座や
カウンセリングスクールを見れば、
どれだけ多くの人がカウンセリングに
強い関心を持っているのかが
よくわかります。

心理カウンセラーの資格を
取得したいという方は、
おそらく困っている人に寄り添いたい、
力になりたいという方が大半だと思います。

自分自身が傷ついた経験、
心身ともに参ったような経験があって、
その経験を困っている人の
力になりたいという思いから、

心理カウンセラーの資格を
取ろうと考えられている方が
多いのだろうと思います。

例えば、子どもが不登校になって
それで子どもが学校に行くようになって、
その時に悩んだ経験をカウンセラーとして
生かしたいという方は結構おられます。

また、うつ病になり、
自分が気づいたことを生かしたいと思い、
カウンセラーになった方も結構おられます。

実際に「うつ病 カウンセラー」と
検索するとそうした方の
ホームページが結構出てきます。

カウンセラーになりたい動機について、
上記のような実際に悩んだ経験が
動機になる人もいる一方で、
次のような動機の方もおられます。

例えば、お金が儲かりそう。
人気があるからちやほやしてもらえる。
何か格好いい。
座っているだけだから定年過ぎても仕事ができそう。
まあ誰でもできそう。

実際にこうした動機で
カウンセラーを目指す方も当然おられます。

ちなみに、私はこうした動機で
カウンセラーを目指してもいいと思います。


カウンセラーになりたい動機に
「崇高な理念や目標が絶対必要」
というわけではありません。

これは例えば教師でも
「将来安定しているから」という理由で
選んでいるのと同じことです。

しかし、こうした教師の方が
「子供のために力になりたい」
という理想を持っている先生よりも、
しっかりと子どもを指導することが
できることがあります。

もちろん、その逆もあります。

私は大切なのは動機ではなく、
カウンセラーになった後で
どうクライエントの力になれる
カウンセリングができるかどうか

だと思います。

実際、カウンセラーの仕事はかなり大変ですし、
カウンセラー自身が悩んだり傷ついたり
することが多い仕事です。

そのことを覚悟して
心理カウンセラーになろうとするのであれば、
私は動機は何でもいいと考えています。


どうぞ臆せずに心理カウンセラーを
目指してください。
posted by ショウ at | 心理カウンセラーとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心理カウンセラーの資格は独学で取得できるか?


心理カウンセラーの資格は資格にもよりますが
独学でも取得できるものがあります

例えば、通信教育で取得できるタイプの資格がそれです。

通信教育で3か月から半年ほど(資格によって変わりますが)、
勉強し試験を受けて合格することで得られるものです。

勉強する内容は、カウンセリング全般であったり、
精神分析やロジャーズなどの理論であったり、
精神疾患であったり、まあそのぐらいです。

心理カウンセラーの資格に国家資格はないので、
カウンセラーの資格を取るのなら、
どの資格でも大丈夫です。

ただ、カウンセリングできるかどうかは別問題です。

一つは、カウンセラーの仕事は独学で
何とかなるものではないからです。


通信教育や独学で空手をマスターできないのと同じように、
通信教育でカウンセリングをマスターすることはできません。


実際に、講師から事例を聴いたり、
カウンセリングを経験することが必要なのです。

実際にコツを学ぶ必要があります。

また、開業したとしても基礎的なものを教わっていないので、
すぐに壁にぶつかるだろうと思います。

カウンセラーとはかなりの専門的な
スキルと知識が必要であり、
独学だけで追いつくものではありません。

(そのため、臨床心理士や有名なカウンセラー資格は、
取得後も研修会や研究会を頻繁に行っているのです)

そのため、資格がほしいというだけなら構いませんが、
カウンセリングが実践レベルで身につくことは難しいでしょう。

結論を言えば、独学で資格取得は可能ですが、
独学だけでカウンセリングの仕事を
することはできないということです。

ちなみに、臨床心理士を取得するのが一番いいですが、
大学院まで行かないといけないため非常に難関です。

独学でカウンセラー資格を目指すなら、
メンタルケアカウンセラー通信講座
がおすすめです。





こちら
からメンタルケア心理カウンセラーの
資料を無料で請求できますので興味ある方はどうぞ。


posted by ショウ at | 心理カウンセラーとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】