スポンサードリンク
   


認定心理士を取得した後は―就職状況とその後


念願の認定心理士を取得した後ですが、
残念ながら仕事や就職に
そのまま生かすことはできません。


とはいっても、これは例えば
看護師や教師、税理士、建築士、
医師、薬剤師、弁護士といった専門職と
同じような有利さではないという意味です。

例えば、税理士や弁護士は
それだけで就職の窓口が広がります。

また、薬局に勤めていても、
薬剤師かそうでないかで給料に雲泥の差が出ます。

これと同じような有利さが
認定心理士にはないということです。


そのため、単独で就職に活かせる資格ではないことを
まずはご理解いただけたらと思います。

「それじゃ、あまり意味がないのではないか」


という疑問も当然出てきます。

しかし、この資格は単独ではあまり意味を成しませんが、
他の資格と複合的に使うことで
驚くほど効果が出る場合があります。



例えば、認定心理士を持っている
弁護士とそうでない弁護士。

あなたならどの弁護士に相談してみたいですか?


多分「人の気持ちをわかってくれそうな」
認定心理士の資格を持っている弁護士に
相談してみたいという人の方が多いはずです。


他にも認定心理士を持っている保育士の方が、
他の保育士よりも断然就職に受かりやすい状況があります。

このように他の資格と
兼ね合わせることで効力を発揮します。


そこら辺のカウンセリングスクールが
発行している資格よりも、学会が提供している資格、
また心理学系大学卒業と同等と
認められる資格の方が付加価値が断然多くなります。

また、認定心理士は更新制度がないため、
一度取得したら一生その資格はあなたのものです。

何があっても○○大学卒業という学士が
失われないのと同じことです。


更に言えば、この資格を取得すると、
学会や講座、シンポジウムなど
心理学関連の勉強の連絡が随時入ります。

つまり、最新の心理学の情報に
触れる機会を無料で得ることが出来るのです。


認定心理士は他の資格と併用することで効果を発揮します

この辺りは認定心理士の強みですね。

こうしたこともあるので、
私としては取得していても
損はないだろうと思っています。

(ちなみに私も認定心理士を持っています)


posted by ショウ at | 認定心理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認定心理士の取得資格について―高卒でも取得できる方法


認定心理士は大学を卒業する前でも
取得はもちろん可能です。

ただ、認定心理士は大学の学士、
大学院の修士を習得していることが条件です。

そのため、短大卒業では資格はもらえません。

また、高卒でも取ることはできません。

しかし、高卒・短大卒でも
取得できる方法はあります。

短大の場合は、そのまま
4年生の大学に編入する方法です。


ただ、2年間で4年分の単位を
取得する必要があるのでかなり大変ですが。

まあ就職に有利になるから、
短大では仕事が見つからなかったから
という理由で編入する人は多いですが、

認定心理士を取得するためだけに
編入する人はまずいないので、
それだけを目的とするなら
あまりお勧めはしません。


別の方法としては、通信制大学で
心理学の学士を取得することです。

この場合、働きながらでも可能ですし、
料金も一般の大学に行くのと比べて
はるかに格安でかなりお勧めです。

通信の場合は、大学から送られてくる
資料についてレポートを書き、
そして試験を受け、さらにスクーリング
と呼ばれる通学講習を受けるだけです。

今ではネットを使ったTVや
ラジオでの授業もしています。

そのため、毎日学校に行ったり、
仕事に影響を与えずに大学の勉強を
することができるのが強みです。


私のお勧めは放送大学です。

全国にスクーリングの教室があるため、
地方でも受けやすいようになっています。

また科目履修もできますので、
認定心理士の単位が足りず
埋め合わせたい人にもピッタリです。

下手な心理カウンセラーの資格よりも、
大学がバックグラウンドにある資格の方が
断然有利な印象があります。


何かの資格や仕事に補助的に使うことで
就職や人事にプラスにはなりますが、
単独ではあまり実用性のない資格です。

そのことを知ったうえで、
「取りたい」と言う方は
どうぞ取って頂けたらと思います。

posted by ショウ at | 認定心理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認定心理士の資格申請に必要な単位について


認定心理士は心理系の大学を卒業し、所定の単位を取得した上で、それを日本心理学会に送付し、認定されれば資格取得ができます。
詳細はこちら

ちなみに、大学でただ心理学の資格を取得すればいいという分けではありません。
所定の科目の単位を取得しておく必要があります。

まあ、大体の心理学部では、以下の科目は卒業に必要な単位として含まれているので、順調に単位を取得していれば概ね大丈夫だと思います。

ただ、経済学とか社会学とか心理学とは別の学部の場合は注意が必要です。認定心理士の資格がどうしても欲しい場合は、計画的に一年生の頃から単位を取得していく必要があります。
(まあ、大抵は基礎教養科目への割り振りが可能なので、それほど大変と言うわけではありません。卒業認定に結びつかない教員免許の方よりもまあ楽です)

ちなみに必要な科目は以下の通りです。

@基礎科目  下記3領域について,a,b は各4単位,c は3単位以上を含む基礎科目合計12単位以上であること
a.心理学概論
b.心理学研究法
c.心理学実験・実習

A選択科目  下記5領域中3領域で各4単位以上を含み,合計16単位以上であること
d.知覚心理学・学習心理学
e.生理心理学・比較心理学
f.教育心理学・発達心理学
g.臨床心理学・人格心理学
h.社会心理学・産業心理学

Bその他の科目  (@とAの合計単位数が36単位以上の場合は必ずしも必要ではない)
i.心理学関連科目,卒業論文・卒業研究

C総単位 総計36単位以上

ただ、上記の科目と大学で開講されている科目との間でタイトルが違う場合があります。

名前が違っていても単位に差し替えることが可能なことも多いので、認定心理士のホームページを見る、大学の先生に聞くなどして情報を把握してください。

試験も面接もなく取れる資格なので、まあ順調に単位を取得していけば問題はないと思います。
posted by ショウ at | 認定心理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認定心理士の資格取得の申請の仕方と料金について


認定心理士の資格の取得の仕方について書きます。
まず必要条件として心理系の大学の学部・学科を卒業していることが前提です。

さて、こちらのホームページより申請書類をダウンロードしてください。

なお、心理学系の単位を取得したうえで、大学を卒業することが条件なので、この条件に当てはまっているのなら、いつでも申請することは可能です。また、大学卒業後、他の大学で取得した単位を合わせて申請することも可能です。

また、大学を卒業していなくても卒業見込みの証明があれば、「仮認定」と言うことで取得は可能です。この場合、学生課に「卒業見込み証明」をもらって送ることが必要になります。履歴書に書けるということで、結構「仮認定」を取得している学生は多いようです。

ちなみに、申請には申請書類は大学の指導教官の捺印が必要な場合があります。もし、その先生が退官・異動されていない場合は、そこの大学の知っている先生にお願いしましょう。顔見知りであればOKしてもらえると思います。

また書類の他に、大学の卒業証明書や成績証明書が必要です。これは大学に行って直接もらうか、もしくは郵送で送ってもらうように手配するかしてもらうといいでしょう。

あと、気になる料金ですが、審査料が1万円、認定料が3万円です。
(「仮認定」も料金は同じです)

面接や筆記といった試験はなく、ただ日本心理学会の書類審査のみとなります。年に6回は審査を行っていますので、いつでも取得は可能だと言えます。
この資格は基本的に「大学卒業と同等の心理学の勉強したことを有する」という資格ですので、資格更新のような制度はありません。ただ、学会から「講座」「シンポジウム」の案内が来る程度です。

ただ、心理学系の大学に行っている場合は非常に取得しやすい資格なので、一応という意味では取得してもいいだろうと思います。しかし、これも国家資格ではないのでその点だけご了承ください。
(何度も言いますが、国家資格の心理学・カウンセラー資格は現時点では存在しません)
posted by ショウ at | 認定心理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認定心理士という資格は仕事に有利か


認定心理士と言う資格を御存じでしょうか。
心理系の大学に通ったことがある人であれば、そこそこ知られている資格であると思います。

これは「心理学の勉強を一通り学んだことを証明する資格」と捉えて頂けるといいかと思います。当然ですが、カウンセラー資格ではありません。

カウンセラー資格ではなく、単に心理学の勉強をした証明書のような資格です。
カウンセリングを専門に学んだ資格ではありません。もちろん国家資格でもありません。

そして、残念ながら仕事に活かすことは結構難しいのが現状です。
履歴書に書くことはOKですが、あまり就職に有効な資格ではありません。

「心理系大学卒業」と同程度の意味合いしか持たない資格です。

しかし、これは単独では・・・という意味です。

例えば、看護師や保育士など他の資格を持っている場合、心理学を勉強していることはかなり有利です。高倍率の求人の中「認定心理士」の資格があり、「この人は心理学も勉強している、人間の心理も知識がある」とみられて、合格となると言うケースもあります。

心理学の資格と言うのは、大抵補助的な面で効果を発揮することが多いのです。
これは他のカウンセラー資格でも同じことが言えると思います。営業マンがカウンセリングの勉強や資格を取得することで仕事が有利に進んだり、良いポジションにつく可能性は十分にあります。

ただ、単独で就職に活かすことは非常に難しいんじゃないかと思います。

一方で、心理学の知識を他の仕事に活かしたいと言う人であれば、非常に有利に使える資格であると思います。他の資格もそうですが、資格と言うのは取得がゴールではなくて、それを仕事や日常生活に上手に活かしていくことが大切なんじゃないかと思います。
posted by ショウ at | 認定心理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】