スポンサードリンク
   


スクールカウンセラーで食べていくのは難しくなってきた。


スクールカウンセラーは高い時給が魅力であり、また多くの人にとってイメージしやすい心理職ということもあり、結構人気の高い心理職の一つです。

私も数年間スクールカウンセラーをしていましたし、今も現役でしています。

ただ、スクールカウンセラーで一生食べていくことは非常に難しくなってきたと感じています。

もちろん、常勤職のスクールカウンセラーも出てきていますが、期限付きや嘱託であることが多く、安定という面ではちょっと難しいと感じています。

最近は国の予算が減らされたために、給料が少なくなったり、次年度の更新ができなくなったところも出てきているようです。

というのも、最近はスクールソーシャルワーカーやスクールアドバイザー、教育相談員など、いろんな専門家を投入して子どもの教育を支えていこうという風潮になってきています。
ただ、だからといって予算にも限度があるため、多くの専門家を投入し、その分給料を減らそうとしているのが昨今の現状です。
また、最近は小学校にも導入を開始したので、その分スクールカウンセラーの給料は減っていく傾向にあります。

例えば、兵庫県ではスクールカウンセラーが始まった当初は時給5000円で、一日8時間入っていたので、日給40000円はありました。
ただ、私が入った頃は、一日6時間勤務に減らされており、日給は30000円でした。
また、昔のように週5でスクールカウンセラーの仕事ができる時代ではなくなってきています。

不登校支援に民間の支援機関を活用していく法案が通ったこともあり、今後は民間のフリースクールに補助金を出そうとする動きが予想されます。

ただ、教育にはお金がかけられないため、その分スクールカウンセラーの給料にしわ寄せが来ることは十分予想されるのです。

もちろん貴重な経験ができるし、他の心理職と比べて破格の待遇なのは変わらないため、「なりたい!!」という方はぜひなっていただければと思います。
私もスクールカウンセラーの業務を通して多くの子どもたちと触れ合い学ばせていただきました。

ただ、将来性という面では、そろそろ限界が来ているのではないか・・・そんな気がしてきています。

特に男性で家庭を支えるためにスクールカウンセラーというのは限界があるので、そのことを踏まえた上で、なっていただければと思います。

本当はスクールカウンセラーは学校には非常に必要な存在ではあるんですけどね。
できれば常勤職となってほしい仕事ではありますが・・・難しいだろうなと思います。
国家予算的な面で。


posted by ショウ at | スクールカウンセラーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールカウンセラーは役立たず?


スクールカウンセラーが始まって月日が大分経ちますが、「スクールカウンセラーは役立たず!!」という声も少なからず聴きます。

スクールカウンセラーなんて高い金もらって何もしない。
給料泥棒だし、頼むから消えてほしい。

そんな声も聴かれるようになりました。

個人的な意見を言えば、スクールカウンセラーの仕事は100%生かし切ることがあれば、これほど学校にとって力強い存在はいないと思っています。

スクールカウンセラーの仕事は単にカウンセリングだけではありません。

もし、「スクールカウンセラーの活用=カウンセリングが入ること」と学校側が思っていたら、残念ながらその学校では役立たずと化してしまうでしょう。

またスクールカウンセラーの仕事の出来具合は、調整役の先生がどれくらい学校を理解できているかにかかっています。
何度も学級崩壊を起こすような人が調整役に回れば、残念ながらすぐに役立たずとなります。

スクールカウンセラーの本来の業務はカウンセリングの知識を使って学校を支援することです。
言うなれば、教師支援が本来の業務です。

わかりやすく言えば、教師が子どもたちをサポートできるように後ろから支援していくのが本来の仕事といえます。

そのためにも、スクールカウンセラーは何度も教室に足を運び、生の子どもたちの様子を観察し、その感想を先生に伝えるなどの仕事もしていく必要があります。

それからスクールカウンセラーは福祉の知識も必須です。

このブログを読んでいるスクールカウンセラーさんに質問です。

要対協(要保護児童対策協議会)ってどんな組織かわかりますか?
性的虐待を受けた子どもは即座に児相に通告する義務がありますが、その理由は答えられますか?
市役所が家庭と関わっている意図を理解できていますか?
母親がDVを受けている場合に勧めるべき相談場所はわかりますか?
スクールソーシャルワーカーの業務との違いを説明できますか?

この辺りの知識はスクールカウンセラーにとって必須です。
わからない方はぜひ調べてみてください。

今、スクールカウンセラーは教育委員会主導でいろんな研修会や交流が盛んです。
今やスクールカウンセラーはカウンセリングだけできればいいという存在ではありません。

もし、カウンセリングだけに終わっていたとしたら、役立たずと言われても仕方がないかなと思います。


posted by ショウ at | スクールカウンセラーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールカウンセラーが常勤職となる可能性は?



スクールカウンセラーは現在は非常勤職です。
確かに時給5000円は魅力的ですが、年間210時間以上は働けないという制約がああります。
(自治体により異なりますが・・・)

いくら日給が3万とはいえ、年間にすれば105万程度しかもらえない上に、非常勤職なので有休はないし、何かあれば仕事を辞めざるを得ません。

不安定な非常勤職なのです。

では、スクールカウンセラーが常勤職になる可能性はあるのでしょうか?

残念ながら、その可能性はほとんどないでしょう。

その一つは、財源の問題です。

スクールカウンセラーを1つの学校で週5日の常勤で雇うとなると、間違いなくその分のお金が足りません。
常勤になれば、最低でも一人につき、年収400万円分の財源を確保する必要があります。
当然ですが、そこまでのお金は今の日本には難しいです。

まあ、一人のスクールカウンセラーが複数の学校を担当するという形での常勤職であれば可能性は高いですが、ずっと学校にいる・・・というのは難しいですね。

もう一つは、今のスクールカウンセラーは非常勤であることを最大限に生かしたシステムを構築しているということです。
例えば、スクールカウンセラーは比較的自由に子どもや保護者と関わることが許されています。
これは、ある意味非常勤だから可能なんですよね。
また、教師の相談も請け負ったり、学校が対応するには難しい相談を受けることがありますが、これも非常勤で第三者の立場であるからこそ可能なやり方なんです。

そのため、スクールカウンセラーが常勤職となってしまうと、せっかくの良さが生かされななってしまう可能性があります。

結論を言えば、スクールカウンセラーは非常勤職という働き方で、財政的にもシステム的にも安定している面があります。
そうした面でも、常勤職になるのは難しいのではないか・・・というのが私の考えです。

posted by ショウ at | スクールカウンセラーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールカウンセラーの将来性と現実


スクールカウンセラーの
将来性と現実についてお話します。

といっても、私自身は
スクールカウンセラーの仕事は好きですし、
やりがいもあります。

また時給5000円と高く、
臨床心理士を目指す人にとっては
魅力ある仕事の一つだろうと思います。

ただ、将来性を考えると
お勧めはできません


一つは収入が不安定だからです


スクールカウンセラーは
基本「準公務員」に当たります。

公務員は上から言われた現場に
文句も言わずに行かないといけません。

しかし、それは公務員職が
安定しているからこそできる話です。

スクールカウンセラは上の教育委員会が
指示した場所に問答無用で行かされます。

いきなり遠いところに飛ばされることもあり、
その意味ではかなり不安定な待遇です。



教育委員会の決定によっては、
急に仕事がなくなることもあり得ます。

正社員であれば、
労働組合が守ってくれますが、
アルバイトであるスクールカウンセラーでは
そういうのはありません。


上から指示された待遇に従うほかありません。


あとは収入は一生変わりません。


時給5000円というのは魅力ですが、
一年間に210時間もしくは35週しか勤務できません。

換算すれば一校につき105万円しか
収入がないという計算になります


担当する学校が増えれば、
もっと収入は上がりますが、
最大5校持ったとして年収は525万円です。

これ以上収入は増えませんし、
保険や年金は自分で払うことになります。

一見見ると待遇は良いですが、
将来性としてはスクールカウンセラーは
あまりお勧めできない職業です。

しかし、子どもの笑顔に触れたり、
やりがいの多い魅力ある仕事でもあります。


このような現実や将来性
という問題はありますが、
それを上回る喜びの多い仕事ですので、
「それでもやってみたい」という方は
どうぞやっていただきたいと思います。


おすすめ記事
チャイルドカウンセラー 資格
スクールカウンセラーのなり方
スクールカウンセラーに必要なこと
不登校になったらスクールカウンセラーへ相談という風潮
スクールカウンセラーの役割と実態について
スクールカウンセラーに相談するときに注意すること
スクールカウンセラーを有効活用するために
posted by ショウ at | スクールカウンセラーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールカウンセラーのなり方


スクールカウンセラーのなり方についてです。

まず、押さえておきたいのは
スクールカウンセラーになるには
「臨床心理士」の資格を持つことが
必要不可欠だということです


よく、カウンセリングスクールで

「〇〇カウンセラーを取って、
あなたもスクールカウンセラーに!!」

と謳っているところがありますが、
残念ながらそれは不可能です

まず無理です。

なので、スクールカウンセラーになりたい人は、
まず臨床心理士を取得しましょう。

そして、臨床心理士を取得した後ですが、
その後のスクールカウンセラーのなり方には
おおよそ3通りあります。


1.都道府県の臨床心理士会に所属すると、
そこから「スクールカウンセラーになりませんか?」
という書類が届きます。

そこに記入して心理士会に送り、
空きがあればそこの学校の
スクールカウンセラーとして
勤務することができます。

ちなみに都市部では空きがないのが現状です。

なので、
「車を持っているので、どこでもOKです」と書けば、
僻地になりますが、ほぼ100%の確率で
スクールカウンセラーになることは可能です。



2.政令指定都市や一部の都道府県では、
採用試験があり、その試験に合格すると
「候補」として、登録されます。


そして、空きがあれば晴れてその学校の
スクールカウンセラーに任命されることができます。

しかし、基本は空きが全くなく、
候補止まりで終わることも少なくはありません。


3.私立であれば、直接試験を受けて合格すれば
採用となる場合があります。


ただ、最近は臨床心理士会に委託している
私立の学校もあるようです。

また、コネがあれば、
直接採用される場合もありますが、
その確率はかなり低いと思われます。

どのなり方も基本は、
臨床心理士の資格が必須です。

( ただ、2と3に関しては、
 臨床心理士以外のカウンセラー資格でも
 なることは可能です。 )

その上で、上記のやり方で諦めないで
チャレンジすればなることは必ずできると思います。


posted by ショウ at | スクールカウンセラーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールカウンセラーの仕事内容とやりがい


スクールカウンセラーの仕事はやりがいの大きい仕事です

私はもう5年近以上、
スクールカウンセラーの仕事を続けています。

本当にやりがいのある仕事だと思います

なんせ、5年もやってこれたんですから。

スクールカウンセラーの仕事は本当に臨機応変です。

相談がなければ「ボーっとしていればいい」
なんてことはありません。

そして、スクールカウンセラーの仕事に正解もなければ、
「こういう風にすればいいんだよ」と
教えてくれる人もいません。


全て手探りで今までの経験や知識を総動員して、
仕事をしなければいけません。

その分やりがいも多い仕事でもあります。

「スクールカウンセラーって
困っている子供や保護者の
カウンセリングだけすればいいんじゃないの?」
と思う方も多いでしょうが、
それはスクールカウンセラーの表の部分だと思います

私の場合は、まず毎月お便りを書きます。

日程もそうですが、
「こういう風にすればもっと幸せに生きれるよ」
とカウンセリング的な小話も書くことにしています。

また、カウンセリングがない日は
とにかく職員室にいたり、学校内を見て回ったり
するのに時間を使います。

なるべく、
先生とのコミュニケーションを優先して、
学校内の様子を把握するように努めています


「スクールカウンセラーは
カウンセリングだけでいいのでは?」
と思う方もいますが、
それは私は間違いだと思います。

カウンセリングだけでいいのであれば、
子ども電話相談や教育センター、
病院でのカウンセリングに行けばいいだけです。

何も学校内でカウンセリングルームを
作る必要などありません


スクールカウンセラーの意味というのは、
学校内にわざわざカウンセラーを置くということです。

つまり、学校のことを熟知したうえで、
子供や保護者のカウンセリングができる
というのがスクールカウンセラーの一番の強みなのです。


また、そこがやりがいでもあり、
面白さでもあります。

そのため、
スクールカウンセラーの一番の仕事内容は
学校を良く知ることだろうと思います。

その上で、
学校そのものを支えて子どもの成長を支援するの
スクールカウンセラーの仕事です。

まあ、それが一番の魅力であり
やりがいでもあるのです。

posted by ショウ at | スクールカウンセラーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールカウンセラーになるには


「スクールカウンセラーになりたい」
という人は結構多いです。

私もよく
「スクールカウンセラーになるには
どうすればいいか」と質問を良く受けます。

私はスクールカウンセラーの仕事を
かれこれ5年以上はしているのですが、
個人的に言えば非常にやりがいのある
仕事だと思います。

特に教職員と連携を取って
子供の支援をするので、
その連携が上手く行くと
とても達成感を感じます。


スクールカウンセラーはやりがいのある仕事です

さて、
そんなスクールカウンセラーのなり方ですが、
現在は臨床心理士の独占業務と
なりつつあるようです。

よく「〇〇カウンセラーという資格をとれば
ニーズの高いスクールカウンセラーになれる」
とうたっているスクールや資格を
提供している団体を見ますが、それは不可能です。

臨床心理士か、もしくは精神科医、
大学の教員でなければ、
まずスクールカウンセラーになることはできません。

スクールカウンセラーになるには、
ぜひ臨床心理士の資格を
取得することが条件です。


特に公立の学校であれば、
これは絶対条件だといえます。

私立の場合は、コネがあれば、
臨床心理士以外の資格を
持っていても入ることはできますが、
まあよほど運がない限りは難しいでしょう。

また、私立はお金がかかっている分、
公立の学校よりもかなりシビアです。

なので、経験が浅いうちはお勧めはできません。

似たような資格に学校心理士、特別支援教育、
教育カウンセラーというのがありますが、
これだけでスクールカウンセラーになることはできません。

(念のため言いますが、
臨床心理士は国家資格ではありません。
ただ、現時点ではカウンセラー資格の中で
断トツのブランド力を持っているだけです)

以上の理由から、
スクールカウンセラーになりたいと
思っている方は、臨床心理士の資格を
取得することをお勧めします。


posted by ショウ at | スクールカウンセラーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールカウンセラーに必要なスキルとは?


私は長年スクールカウンセラーをしてきています。

その中、いじめや体罰、発達障害、
DV、虐待、不登校など、
多くのケースと出会ってきました。

ところで、スクールカウンセラーとして
働くうえで一番大切なスキルとはなんでしょうか?

もちろん、不登校やいじめなど
種々の知識も必要ですし、
子どもを理解するための理論や
カウンセリングの技術も当然求められます。

実際に、子どもを支援するための会議では、
スクールカウンセラーとしての
あなたの意見を求められることもあります。

また、講演会は研修会を行える腕も必要です。

「私は聴くのはできるけど、
研修なんてできません」では

スクールカウンセラーとしては半人前です。

研修講師もできてこその
スクールカウンセラーだと私は思います。

また、子どもたちに授業を行えるスキルも必要です。

カウンセリングよりも授業で教えた方が
子どもたちの心の成長に
大きく貢献することもあります。

ぜひカウンセラーは講師としての腕も
磨いてほしいものです。

さて、このようなスキルですが、
スクールカウンセラーにとって
一番求められているのは、
「学校の先生と仲良くできるスキル」です。

できれば、他愛のない雑談が
教師とできるに越したことはありません。

子どもとカウンセリングさえできればいい、
保護者のカウンセリングで十分とは
絶対に思わないでください。


あなたがいない残りの6日間は
先生が子どもや保護者を
支えなければいけないのです。

だからこそ、先生がしっかり
子供を支えられるように
話せるような関係を
普段から作ることがとても大切です。


それがスクールカウンセラーの
活動の成否の8割を占めている
と言っても過言ではありません。



posted by ショウ at | スクールカウンセラーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールカウンセラーになるためには-どの学校へ行けばなれるか?


スクールカウンセラーは、
カウンセラーを目指す人にとって
結構憧れの職業の一つです。

特に今の20代の人は
必ずといっていいくらい、
中学校でスクールカウンセラーに
出会っています。

優しくて、いつも笑顔で、
しっかりと話を聴いてくれる
スクールカウンセラーの仕事を
やってみたいという人は
結構多いんじゃないんかなと思います。

私も結構

「スクールカウンセラーに
なりたいのですが、
どうすればいいですか?」


という質問をいただくことが
良くあります。

今回はスクールカウンセラーについて、
どうすればなれるかを
お伝えしたいと思います。

現在、スクールカウンセラーになるには
次の3通りがあります。

@臨床心理士資格を取得した状態で
県の臨床心理士会に登録し、
そこから小・中学校に派遣される。

登録書に
「どこでもOK。僻地でも行きます!!」
と書けば、確実にスクールカウンセラーに
なることはできるでしょう。

(ちなみに僻地の勤務であれば、
旅費が支給される場合があります)


A一部の地域では採用試験があります。

それに合格すれば
スクールカウンセラーとして
勤務することが可能です。

もちろん、
週に1回の非常勤職員です。

この場合は臨床心理士以外の
資格も可能です。

(この場合はスクールカウンセラー補
という扱いになり、給料も臨床心理士が
勤務するよりも低くなります)


B以上は公立小・中学校の場合ですが、
私立の場合ですと直接採用となるため、
臨床心理士が必須でなくなる場合があります。

(最近は臨床心理士が
必須となってきつつありますが)

この場合は認定カウンセラーや
教育カウンセラーの取得が
条件となると思いますが、
私立の先生とのコネがあれば
成れる確率はぐっと上がると思います。

まあ、スクールカウンセラーになるのに
臨床心理士が必須とは一概に言えませんが、
臨床心理士資格を持っていた方が
かなりなりやすいといえると思います。


臨床心理士になるためには
大学→大学院へ進学し、
その後臨床心理士資格認定試験を
受ける必要があります。

もし、スクールカウンセラーを
目指すのであれば、臨床心理士を
取得した方が良いでしょう。

posted by ショウ at | スクールカウンセラーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】