スポンサードリンク
   


アートセラピストになるには―どんな資格をとればいいの?


アートセラピストとは、アートセラピーを中心に心理療法を行う資格です。
ドイツではすでに国家資格まであるようですね。

日本ではアートセラピストの資格なんてありません。

強いて言えば、精神科医や臨床心理士、作業療法士が治療の一環として行っています。
また、民間のカウンセラー資格を取得された方も、アートセラピーを行っていることが多いようです。

アートセラピーとは日本語に訳すと「芸術療法」のことです。
箱庭療法、描画療法、コラージュ療法、造形療法など、「何かを創造する」ということを心理療法として生かしたものです。

箱庭療法は昔、テレビで取り上げられたりしていましたね。

アートセラピーの利点は子どもや高齢者、言葉が使えない人にも使えるということ。
表現されたものから心理的な特徴をつかみ、その人を理解できるという大きなメリットがあります。
(ちなみに、こうしたメリットを人間理解に使ったものが、バウムテストといった描画検査、投影法です)

ただ、日本ではアートセラピストの資格は独自にはありません。
なので、当然ですが国家資格もありません。

もし、なりたいのであれば、まずは民間のカウンセラーの資格を取得することをお勧めしますし、だれかお師匠さんを見つけて勉強ができれば、教師でも看護師でもケースワーカーでも行うことができます。

もちろん、カウンセリングとして、セラピーとしてアートセラピー一本で食べていきたいのであれば、まずはカウンセリング取得を目指し、自己研鑽を重ねながら、独立開業するという道ももちろんあります。

癒しのプロ、アートセラピストは思いのほか需要のある仕事だと思います。


posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メールカウンセラーになるのに必要な資格とは?



副業としてメールカウンセラーはおすすめです。

ブログでうつ病や心の悩みに関することを書いて、記事の下の方に「○○までのメール相談はこちらまで」とリンクを貼れば、月に何人かはメールカウンセリングの申し込みをしてくれます。

メールカウンセラーになるのに必要な資格というのは特にありません。

ただ、基礎知識すらないのであれば、メールカウンセリングなど到底できないので、できれば勉強がてらに資格を取得しておくといいでしょう。

おすすめはメンタル総合心理W資格取得講座
です。



一般的なカウンセリング技法に加えて、家族療法や行動療法などメールカウンセリングでも使えるテクニックも学ぶことができます。

ただ、問題はメールカウンセリングは無料だったらいいとか、安ければ相談に来るとか、そういうものではないということです。

おそらく、「無料で相談します」とブログに書いただけでは、メールカウンセリングの申し込みをしてくれることはあまりないです。

理由は、コンテンツが乏しいからです。

例えば、うつ病のブログを書いたところで、読んでも「うつ病は眠れないとか食欲がないとかの病気です」しか書いていなければ、メールカウンセリングを申し込むことはおろか、ブログを読んでくれることもしてくれません。

「うつ病の原因はすぐにネガティブなことを考えてしまう性格にあります。ただ、これは生まれつきの性格によるところもあるので、その場合は自身の性格と上手に付き合うことで改善しやすくなるでしょう」

くらいのことを書いておくと、「この人に相談すればもしかして改善するのかな?」と思わせることができるかもしれません。

そうなると、メールカウンセリングへの申し込みの可能性が高まります。

このように見ていくと、資格を取得したり、カウンセリングの勉強をすることは前提として大事なのですが、いかに「この問題は確実に治せるよ」とクライエントに思わせるように、その分野について専門的な知識を持っておくことがかなり大切です。

その知識を使ってブログを書いていくことで、そのブログから「メールカウンセリングの申し込み」を得られるようになると、副業でメールカウンセラーとして稼ぐことが可能になります。


posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋愛カウンセラーになるのに必要な資格とは?


今話題となっているデートDVや恋愛感情のもつれから起こる事件はたくさんあります。

今付き合っている恋人とうまく行かないというのは昔から変わらずある悩みではないでしょうか?

そうした恋愛に関する悩み事を解決するのが、恋愛カウンセラーという仕事です。

ところで、恋愛カウンセラーになるにはどういった資格を取ればいいでしょうか?

結論を言うと、恋愛カウンセラーになるためには資格というのは存在しません。

臨床心理士を始め、メンタルケア心理士や産業カウンセラーなど、いろんなカウンセラー資格を取得して、恋愛に関するカウンセリングを専門にすれば恋愛カウンセラーになることはできます。

ちなみに、社会人や主婦であれば、メンタル総合心理カウンセラー
を取ることをおすすめします。通信で自分のペースで資格が取得できますし、いろんなカウンセリング技法を学ぶことができますからね。

メンタル総合心理カウンセラー


ぜひそうした知見を学んで、より良い恋愛カウンセラーを目指していきましょう。
posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子育てカウンセラーを目指す際の注意点


子育てカウンセラーという資格は
確かに需要はありますし、
必要とされるものでしょう。

しかし、どのカウンセラー資格もそうですが、
だからといってすぐに仕事に着けるとは限りません

特に子育てカウンセラーとは、
子育てに特化した資格なので、
これ一本でOKかと言えばそうとは言えません。

目指すのは構わないのですが、
「取得すれば仕事が見つかる」と
思わないよう注意してください



この子育てカウンセラーの講座は、
特にお母さんや保育士、
助産師などが学ばれるといいかもしれません。

日常生活や仕事で
少しでもプラスになるよう
スキルアップしたいというのであれば、
取得を目指してもいいでしょう。


ただ、この子育てカウンセラー一本では
残念ながら仕事を探すことはできません。

「子育て心理認定講師」まで
行ったとしてもです。


日本のカウンセラー業界の事情ですが、
臨床心理士でさえなかなか常勤職を
見つけることができないという実情があります



資格取得をして開業を目指す人もいますが、
病院や学校で何年も経験を積んでこられた
ベテランのカウンセラーでも
一年持たずにルームをたたむという実情もあります。

開業するにはカウンセリングのスキル以上に
経営ノウハウが求められるのです。


なので、子育てカウンセラーの資格を
取ったからと言って、
仕事がすぐに見つかるとか、
カウンセラーとして開業できるとかは
考えないよう注意してください。

上記が目的なら、
民間のカウンセリングスクールの資格や、
産業カウンセラー、
認定カウンセラーの資格を取得した方が近道です。

その上で、
子育てに特化したカウンセリングをしたいという場合、
子育てカウンセラーの資格を
目指すのも良いかと思います。

posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子育て心理カウンセラーの資格とは?


子育て心理カウンセラー
という資格があります。

これは日本子育て心理カウンセラー協会
という民間団体が認定している資格です。

子どもの適切な育て方に
特化している資格のようで、
協会が主催している講座を
受けることで取得ができます。


例えば、子育てというのは
非常に難しい側面があります。

親の些細な一言によって落ち込んだり、
傷ついたりしてしまい、
それが尾を引いていくケースもあるのです


これらは子どもの個性によって決まっており、
人一倍平気な子供もいれば、
傷ついてしまう子供もいます。


そうした子どもの個性を
見極めていくということは
子育てをしていくうえで本当に大切な部分です


さらに言えば、子どもがある程度
すくすくと育つためには、
カウンセリングのスキルを
身に着けておいた方が良いと思います。

特にこのスキルは思春期に入った際に
良好な親子関係を築いていくためには不可欠なものです。


そうした子育てについて、
コーチングやアドバイスを行っていく資格が
子育てカウンセラーだといえます。

実際に孤独な中で不安と迷いを抱きながら
子育てをしているお母さんというのは
非常に多いと思います


中には、どう子供と接していいかわからなくなり、
虐待をしているのかどうかもわからず
混乱の中で子育てを続けている人もいます。


そうしたお母さんたちをフォローしていくためにも
子育てカウンセラーという資格は
必要な資格になるのではないかと思います。
posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交流分析士を取得する際の注意点


交流分析士を取得する際は
まず「協会」か「学会」の
どちらの資格にするかを確認しましょう。

同じ交流分析士ですが、
内容は全く異なるものです。

「協会」は一般の方が対象です。

「学会」は学術団体なので
大学卒以上のプロの方を対象としています。

もし、あなたがプロカウンセラーを目指すのであれば、
できれば学術団体の「学会」での
資格取得をお勧めします。


医師や教師、ケースワーカー、看護師など
の対人援助職の専門家も
できれば学会の方が良いでしょう。


逆に会社員や主婦の方などで
交流分析を使って日常生活を改善したり、
会社で業績を上げたいというのであれば
「協会」の資格でも構わないと思います。


このように状況や目的に応じて、
どちらにするか選びましょう。

後先考えずに取得して、
後になって後悔するようなことに
ならないよう注意してください。


あと、大切なことですが、
交流分析士とは「交流分析」を学んだ、
もしくは実践できるということを証明する資格であって、
カウンセリング全般ができる資格ではありません。


そのため、
もしあなたがカウンセラーになりたいのであれば、
交流分析以外のことも学ぶ必要があります。


例えば、傾聴や精神分析、認知行動療法、
来談者中心療法などの各種心理療法や精神医学、
臨床心理学全般、そして基礎心理学などを
しっかりと学んでおくことが必要です。


本来、カウンセラーというのは幅広い知識が求められるものです。

できれば産業カウンセラーや
メンタル心理カウンセラーなどの資格や、
カウンセリングスクールで基礎的な部分を学んでから
交流分析士を専門的に学ばれると良いのではないかと思われます。



↑もっと基礎をしっかりと学びたい、
カウンセラーの資格を取りたい
という方はこちらをどうぞ。

近くのカウンセリングスクールの資料が
無料で取り寄せられます。


posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交流分析士の資格の口コミとは?


交流分析士の資格といっても
「日本交流分析協会」の構講座内容は充実しており、
エゴグラムやゲーム分析の理論まで
学ぶことができるのでお勧めですが、
口コミ情報を見ると結構辛口の評価がみられます。

特に多いのは
交流分析士を取得しても就職に有利にはならない。」
という口コミです。

この点についてですが、
民間のカウンセラー資格の大半は
就職には有利には働きません。


臨床心理士でさえ、常勤のカウンセラーの
働き口を見つけることは難しいのです。

これはTA心理カウンセラーの資格を
持っていたとしても同様です。

また交流分析とは数ある心理療法の
理論や技法の中のごく一部でしかありません


なので、交流分析だけ極めたとしても
活用することは難しいのです。

特に交流分析士1級を取ったとしても、
TA心理カウンセラーの資格を取ったとしても、
それだけでは現場で活動するのは難しいだろうと思います。

交流分析ではなく他の心理療法やカウンセリング技法を
行った方が有効なケースも多いのです。

できれば、メンタル心理カウンセラーや産業カウンセラーなど、
その他のカウンセラー資格も同時に取ったうえで、
自分のスキルアップのために交流分析士の資格を
取るのが良いだろうと思います。



また、看護師や営業マン、教師が
今の仕事に役立てるために、
交流分析士の資格を取るのは大変有効だと思います。

特にエゴグラムの解釈やゲーム理論、
ストロークなどは人間理解を深めるので、
今の仕事を有利に運ぶことが可能だろうと思います。


posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交流分析士という資格


交流分析士という資格があります。

交流分析とは、
エリック・バーンという精神科医によって
創始された心理療法やカウンセリング技法の体系で、
精神分析をわかりやすく解説したもの
と言った説明がされることが多いです。


特に自分と相手との交流のパターンに着目し、
それらを「ゲーム」と名付け、
より良い交流のパターンを
身に着けていくことを目的としています。

そのため、
精神分析というよりも、
来談者中心療法やフォーカシングと並んで
「人間性中心療法」
(簡単に言えば、
人間の主体性を重んじる心理療法の体系)
に位置づけられるものです。


交流分析は主に
日本交流分析学会」と
日本交流分析協会
で学ぶことができます。

前者は学術学会であり、
後者は民間の協会です。

一番の大きな違いは、「学会」はカウンセラーや教師、
医師などプロの方を対象としているのに対して、

「協会」は一般の方が多数参加されているということです。

どちらでも「交流分析士」という資格を
取ることができますが、「協会」の方は一般の方を
対象としているため割と簡単に取ることができます。

初級・2級・1級まであり、
一定のカリキュラムをこなし、
2日間の認定試験をクリアすれば取得は可能です。

その後はインストラクターとして教える側に立ち、
一定の経験と年数(インストラクターになって1年)で
講座を受講し、認定試験に合格すれば
「TA心理カウンセラー」という資格がもらえます。

「協会」の場合、交流分析士1級までは取得は容易ですが、
TA心理カウンセラーが結構難しい道のりです。

ただ、交流分析を専門的に学びたいのであれば
協会の講座を受講するのもイイかもしれません。


posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メンタル心理カウンセラー資格は独学で取得が可能か?


日本能力開発推進協会(JADP)が出している資格で、「メンタル心理カウンセラー」というのがあります。

この資格は人のメンタル面をケアする、カウンセリングすることに焦点を当てたカウンセリング資格です。そのため、精神疾患やその対処法、人間心理全般に対する知識が求めれています。

残念ながら、この資格も独学のみでの取得は不可能で、費用39000円の養成講座を受講して受験資格を得る必要があります。







とってもお勧めの講座です。

私の周りでもメンタルケアカウンセラーを取って活躍している人が何人かいます!!

また、無料カウンセリングを受けることもできるので実際にカウンセリングがどのようなものかを体験することも可能です。

その後、JADPが主催する試験(3500円)を在宅で受けて、資格取得できると、晴れてメンタル心理カウンセラーの資格を得ることができます。

試験については
こちら




しかし、資格取得後、上級心理カウンセラーへの道があるなど、その後の継続学習のフォローはある程度ありますが、他の学会認定のカウンセラー資格と比べると、多少物足りなさはあるかもしれません。

心理カウンセラーの入口を勉強するための資格と思っていただくと良いのではないかと思います。

posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族療法カウンセラーという資格とは?―アドラーを主体とした心理療法


日本能力開発推進協会(JADP)が認定している資格で、チャイルドカウンセラーの上位資格として家族療法カウンセラーがあります。

家族療法とは、個人ではなく、家族を対象とした心理療法のことです。
子どもは家族のもとで成長します。当然、家族の状態が子どもの心理状態や問題行動に左右されてしまうことは多々あります。具体的に言えば、夫婦仲が悪いと高い確率で子どもは不適応行動をとることが確認されています。

そのため、子どものカウンセリングをする場合、家族のことも視野に入れて行うのは当然のことですし、そういうスキルや知識はカウンセラーにとって必須だといえます。

家族療法カウンセラーはチャイルドカウンセラーの上位資格として在宅の養成講座を受講し、在宅での試験を受けることで取得が可能となります。

テキストの内容自体はそれほど難しくはないのですが、チャイルドカウンセラーの場合とは異なり、添削問題に記述問題が多く、チャイルドカウンセラーも含めてテキストの内容を深く理解しておく必要があります。

またチャイルドカウンセラーと同様にDVDでのカウンセリングのロールプレイを学習することもできます。カウンセリングと普通の悩み相談の違いなど、実例を見ながら学習できるので、非常に密度の濃いスキルを学ぶことができるのではないかと思います。

ただ、家族療法はアドラー心理学に端を発しており、一般的な傾聴を主体としたカウンセリングとはかなり異なるところがあると思います。そのため、初心者の方は戸惑ってしまうところも多いのではないかと思います。

しかし、いろんなカウンセリングのやり方を学ぶという意味でも家族療法カウンセラーの資格を取るのは非常に有意義ではないかと思います。



家族療法カウンセラーの講座申込み・無料資料請求はこちらから


家族療法カウンセラーの試験はこちら

費用は養成講座47000円で、受験代が3500円です。
リーズナブルに取得が可能なので、ぜひチャレンジしてみましょう。

posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】