スポンサードリンク
   


スーパーヴァイザーの上手な選び方


スーパーヴィジョンで
指導してくれる先生のことを
スーパーヴァイザーと呼びます。

(指導される側は
スーパーヴァイジーと呼びます)

さて、このスーパーヴァイザーですが、
あなたのカウンセリングのスキルや腕前は
このスーパーヴァイザーによって
大きく分かれるといっても過言ではありません。

自分に合わないスーパーヴァイザーだった場合は、
正直な話あなたの臨床のスキルは
全く向上しないばかりか、
逆にダメカウンセラーになってしまう
可能性もあります。

それだけ自分に合った
スーパーヴァイザーを選ぶことは
大切なのです。

さて、そんなスーパーヴァイザーの
選び方ですが、その見つけ方について
お話します。

まず、研修会や講演会
(なるべくこじんまりしたもの)に赴き、
その先生の考え方や理論、雰囲気が
自分に合っていたと感じたら、
その人は自分に合ったスーパーヴァイザーに
なれる可能性が高いです。

ただ、一回だけではわからないので、
継続的に行きましょう。

そして、顔見知りから仲良くなりましょう。

あと、良いスーパーヴァイザーに
資格は関係ありません。

臨床心理士でなくても、
良いスーパーヴァイザーになれる人は
たくさんいます。


大学の教授だから良いとは限らないのです。

まずはあなたの感性を信じましょう。

そして、「ヴァイザーになってほしい」
とお願いするのです。

そこでOKが出て、日程調整ができたら、
スーパーヴィジョンが開始されます。

また、良いヴァイザーは
ダメなことをはっきりといいます。

できていないところをしっかりと指摘し、
良いところはちゃんと言ってくれます。

また、質問にもきちんと
答えてくれるヴァイザーは良いです。

そうしたかかわりの中で、
「この人がヴァイザーで良かった」と
あなたが感じることができれば、
良いスーパーヴァイザーを
選べたんだと思います。


この辺りは、感覚的なものが
多分に含まれています。

その感覚にどれだけ正直に感じることが
できるかが大切です。

ぜひ、自分に正直になって
よいヴァイザーを見つけましょう。

posted by ショウ at | スーパーヴィジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーヴァイザーと相性が合わない時は・・・


人間だれしも相性というのがあります。

そして、あなたがいくら尊敬したとしても
スーパーヴァイザーとの相性が
あまり良くないというケースは
実際にあり得ます。

中には、
合わないヴァイザーのスーパーヴィジョンを
無理やり受け続けた結果、
臨床スキルがかなり落ちてしまった
という人もいます。


良い師匠に出会うということは、
それほど大事なことなのです。

そして、ヴァイザーと合うかどうかは、
その人が優れている、
臨床スキルが豊富ということも大事ですが、

何よりもスーパーヴィジョンが
あなたにとって楽しいかどうか、
心地よいかどうか、

そしてためになっていると
心から感じられるかどうかがかなり重要です。

「なんか、このヴァイザーと何度
会っていてもしんどいだけだし、
行く意味が感じられない・・・」
と感じた場合は、
多分相性が合わないのだろうと思います。


ただ、ヴァイザーと相性が合わない場合、
すぐにスーパーヴィジョンを打ち切る
というのはしない方が良いでしょう。

最低、1年はその人の元に
通い続けた方が良いです。


これはカウンセリングもそうですが、
カウンセラーがクライエントのことを理解し、
意味のあるカウンセリングになるのに
時間がかかる場合があります。

そうした意味も踏まえて、
相性が合わなくても
しばらくは通った方が良いです。

また、その中で
「なぜこのスーパーヴァイザーと合わないのか」
ということをしっかりと向き合うことが大切です。

この辺りが明確になると、
自分自身が客観的に見れるようになり、
自己理解が深まります。

そうなると、
カウンセリングに対する
感性やセンスも向上します。

相性が悪いヴァイザーと会い居続けることも
大きな意味があるのです。

こうした意味もあり、
最低1年は通い続けた方が良い

というのが私の持論です。


ただし、あまりにもひどい場合は打ち切った方が良いでしょう。

具体的には、ケースの見立てを質問しても答えてくれない、とことんあなたのやり方を批判や非難してくる、見立てた理由を聞いても納得する説明をしてくれない、スーパーヴィジョンが終わった後は誰かに話を聴いてもらわないといけないほど精神的に不安定になる・・・などです。


これは残念ですが、有名なカウンセリングの教授でもそうです。まあ、相性というかカウンセラーとしてのスキル以前の問題ですね。本や講演をしていても、カウンセリングがお粗末な方は大変多いのです。


上記を参考にして、良いスーパーヴァイザーを見つけていただければと思います。


posted by ショウ at | スーパーヴィジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーヴィジョンで話すこと−有効に活用するために


せっかくお金を払ってスーパーヴィジョンを受けるのですから、
できるだけ有効にその時間を活用したいものです。


スーパーヴィジョンを受ける際に、
どんなことを話すのでしょうか?

これには大きく分けて、3通りあります。


1.今受け持っているカウンセリングのケースの話

あなたが今受けているクライエントに対して、
どう見立てていいのか、どう対処していいのか、
そのアドバイスや指導を直接ヴァイザーから受けます。

その中で、徐々にカウンセリングのスキルや見立て方も身についてくるようになってきます。


2.ヴァイザーのカウンセリングの理論や考え方の話。

大抵のカウンセラーは拠って立つ理論や経験則から
身についた考え方・対処の仕方というのを持っています。

それらはその人のカウンセリング人生の中で培ってきたものが多いので、
万人には教えることはできません。

いわば秘伝の隠し味みたいなものです。

スーパーヴィジョンではそのようなヴァイザーの極意について直接教えてもらうことができます。


3.ヴァイザーが実際に経験したケースの話。

スーパーヴィジョンを受ける最大のメリットは実はここかもしれません。
研修会や勉強会、講座で、実際のカウンセリングのケースや進め方について、
基本教わることはほとんどありません。

それは一つは守秘義務というのがありますし、
またケースの話をしても正しく伝わらないことが多いので、
カウンセラーが公の場で話すことはまずありません。

本に書かれている事例や事例研究も初心者の内は深く理解することは難しいでしょう。

そこで、ヴァイザーが実際に経験してるケースついて生の声で教えてもらうことができます。

その時に、「そっか、こういうやり方があるんだ」と知ることもでき、
それがあなたのカウンセリング・スキルの向上に役立つことも多いのです。


以上が、スーパーヴィジョンで話すことで、大まかに3通り説明しました。


スーパーヴィジョンは有効に活用すれば、
あなたのカウンセリング能力を大幅にアップさせることができます。

ぜひ、有効活用してください。


posted by ショウ at | スーパーヴィジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーヴィジョンを受けるための費用と頻度は?


スーパーヴィジョンを受ける頻度ですが、
これは人によって異なります。

ちなみに私の場合は月に1回程度ですが、
人によっては毎週だったり、隔週だったりします。


スーパーヴィジョン 受ける 頻度


費用は5000円から10000円が相場で、一回1時間くらいです。

費用に関してはスーパーヴァイザーの考え方によります。

開業をしている人であれば、
通常のカウンセリング料金と同程度の費用が掛かると思ってください。


ただ、この辺りはヴァイザーによるので、顔見知りであれば比較的安くなることもあります。


まあ要相談というところです。


ただ、スーパーヴィジョンのお金をケチるようなことは、
特に新参の頃はしないようにした方が良いと思います。

カウンセラーとはお金をもらってクライエントの相談に乗る仕事です。

スーパーヴィジョンとは、
自分のカウンセリングの相談に乗ってもらうことでもありますから、
クライエント同様、お金をしっかりと払うことが大切です。


また、最初の頃は最低月に1回の頻度で受けることをお勧めします。

それ以上間が空くと、スーパーヴィジョンの効果は薄れてしまうでしょう。


しかし、
スーパーヴィジョンを受ける頻度を詰める、
どうしてもお金がかかってしまうので、この辺り悩ましいところです。


ある臨床心理士の先生は
カウンセラーは収入もないのに、出費がかなり出る職業だ
と言っています。


大変ですが、忙しくても、お金がなくても、
しっかりと費用をねん出し、
ヴァイズを受けるようにしましょう。

その苦労があなたを有能なカウンセラーへと育ててくれます。


posted by ショウ at | スーパーヴィジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーヴィジョンと教育分析の違い


スーパーヴィジョンと教育分析の違いについて
お話しさせていただきます。

簡単に言えば、
スーパーヴィジョンとは、
カウンセリングの指導を個人的に受けること。

スキルアップに近いところがあります。

それに対して、
教育分析とは、カウンセラー自身が自分を知るために
カウンセリングやセラピーを受けることです。

自己啓発に近いところがあります。

どちらが大切かといわれれば、どちらも大切です。

まずカウンセリングのスキルや知識がなければ、
クライエントの援助することができません。

また、それはカウンセリングの講座や研修会では
どうしても足りないので、

先輩カウンセラーから
「この場合どう見立て、どうすればいいか」を
知ることがどうしても必要になります。

これがスーパーヴィジョンの意義です。

また、カウンセリングをし始めればわかるのですが、
カウンセリングでは自分の行動パターンや癖を
ある程度把握しておく必要があります。

例えば、恋人と別れたのが未だに引きずっているカウンセラーが、
「恋人と別れてしんどい」と訴えるクライエントの
カウンセリングを行うことは難しいです。

その時に、「ああ、この話は自分にとってしんどいなあ」
とわかっていればいいのですが、
なぜこのクライエントの話を聴くと
ムカムカするのだろう
」と原因がわからなければ、
ちょっとした反動でクライエントを傷つける発言をしてしまう可能性があります。

なので、カウンセラーは
自分がどういう時に不快な感情を感じるのか、
どういう心の動き・癖があるのかをしっかりと
見つめておくことができるようになっておかないといけません。


そのため、教育分析を受けて
自分自身を把握できるよう自己理解を深める必要があるのです。

以上が、スーパーヴィジョンと教育分析の違いです。

基本はできればどちらも受けた方が良いですが、
金銭的に余裕がない方はスーパーヴィジョンだけでも
受けた方が良いでしょう。

posted by ショウ at | スーパーヴィジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセラーになったらまずスーパーヴィジョンを受けること


カウンセラーになったら、
まずはスーパーヴィジョンをを受けることをお勧めします。

スーパーヴィジョンとは簡単に言えば、
カウンセリングの個人レッスンのことです。

カウンセリングの基本的なことは
カウンセリングスクールやセミナー、研修会などで学びます。

ただ、基本的なことというのは概略というか、
大雑把なことが多く、
個々のクライエントに対してどう関わればいいのか、
このクライエントはどう見ればいいのかということまでは教えてくれません。


例えば、傾聴だけでは全く効果がないクライエントもいますし、
傾聴もポイントを抑えないとほとんど無意味になってしまうこともあります。

また、見通しがない状態でクライエントと
会い続けるのは非常にストレスです。

「この人本当にこれでよくなるの?」と
不安な状態でカウンセリングを続けていると、
間違いなくカウンセラーの方も心身ともに病んでしまいます。

そのため、カウンセラーになって現場で働きだしたら、
まずはスーパーヴィジョンを受けることです。


カウンセラー スーパーヴィジョン

スーパーヴィジョンを受けることで、
やっとカウンセリングとはどういうものかを
理解することができますし、
クライエントに対して柔軟な見立てを立てることができるようになります。

また、カウンセリングでは予期せぬできことがあったり、
当然ですが最初は大きく失敗してしまうことも多々あります。

その時に、自分でいくら考えても限界があることが多いのです。

そういう時こそ、
スーパーヴィジョンを受けることで、
その時の対処法を教わり、
カウンセラーとしてクライエントを
しっかりと支えることができる様になってくるのです。


posted by ショウ at | スーパーヴィジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】