スポンサードリンク
   


公認心理師はカウンセラー資格?


公認心理師の法案が可決され、平成30年には資格化されるのですが、果たして公認心理師は心理カウンセラーの資格と言えるのでしょうか?

一言で言えば、公認心理師でないと心理カウンセリングができなくなるということはあり得ません。

あくまでも、公認心理師の業務内容は「心理的知見に基づいた相談」であり、心理カウンセリングではないのです。

なので、心理カウンセラーの国家資格とまでは言えない現状があります。

この辺りは学会でもかなり白熱した議論がありました。

なので、カウンセリングの独占業務とまではいかないので、当面は民間のカウンセラー資格でも十分にカウンセリングを行うことができるだろうと思います。

また、種々の心理検査に対しても、公認心理師でないとできないというわけではないでしょう。

ただ、国家資格という点であれば、就職に有利になるというのは間違いないです。

なので、若い人やカウンセラーの常勤職を狙っている人は公認心理師を取得したほうがいいですが、それとは別に臨床心理士や民間のカウンセラー資格を取得したほうがいいと思います。



posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公認心理師の試験難易度を予測する


最近、話題になってきている「公認心理師」。

法案ができてからも、何度も議論や審議が重ねられており、大分中身もできつつある感じです。

厚生労働省のホームぺージ


上記ホームページでは公認心理師の業務は以下のように書かれています。

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。
(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供


なので、「カウンセリング」や「心理検査」は入っていません。
ただ、資格がもたらすイメージを考えると、カウンセリングや心理検査はできて当然という感じでしょう。

大学だけの勉強でカウンセリングができるかどうかは置いといてですが・・・。
もちろん臨床心理士でも業種によっては、カウンセリングや心理検査ができない人は多いのでそこは致し方ないのですが、公認心理師はカウンセラーの資格ではないということを念頭に置いておくことが必要だと思います。

公認心理師はあくまで心理の国家資格という視点で見るといいでしょう。

なので、試験もそれほど難しいのは出ないと思います。
難易度としては、臨床心理士よりかは簡単だろうと思います。


臨床心理士試験の難易度は、他のカウンセラー資格でも群を抜いて高いですからね。
大学院で修士論文まで書いた人が、何人かで集まってそれぞれ担当を決めて、調べたものを一緒に勉強してやっと受かるようなものです。
とても独学で受かるような試験ではありません。

それに比べると、大学卒でとれるということを考えて、公認心理師の試験難易度はかなり低いのではないかと思います。

また、法案では実務経験だけや、厚労省が定める研修を受けたら受験資格がいただけるという措置もあるみたいですね。まだまだ、中身が不安定なので、これから議論を重ねて決まっていくところでしょうが、法案が通っている以上、そうした経過措置はあると思います。

なので、これからカウンセラー資格を考えている人、特に若い人はは公認心理師を目指す方がいいと思います。
ただ・・・就職先があるかどうかは謎のままです。
できれば臨床心理士も視野に入れて目指す方がいいでしょう。

もちろん、現場によっては民間のカウンセラー資格でも採用されるところがあるので、そちらをとってもいいかもしれません。



↑民間のカウンセリングスクールの資料が無料でもらえます。
posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公認心理師はカウンセラーの資格ではない!?



近年、話題になってきている公認心理師ですが、カウンセラーの国家資格であるように思われているところがあります。

ただ、私の感覚では、公認心理師はカウンセラーの国家資格という風にはちょっと思えません。

というのも現在の公認心理師法では公認心理師の業務として、
 @心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
 A心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
 B心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
 C心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

の4つを上げており、心理に関する業務ではあるものの、心理検査や心理カウンセリングが業務であるとは書かれていません。

これは臨床心理士の業務が
 @ 臨床心理査定(心理検査や専門的見解からからの見立て)
 A 臨床心理面接(心理カウンセリングや心理療法)
 B 臨床心理地域援助(コンサルテーションや助言指導など)
 C @〜Cに関する研究(学会発表など)
と比べると、カウンセラーとしての高い専門性はあまり期待されていないように思えます。

私の感覚としては公認心理師は「認定心理士」の延長版のような気がしてなりません。
それでも国家資格ということで、就職もしやすくなるなどの優遇措置は取られるとは思うので、取得する意味は十分あるともいます。

といっても、あまり高い専門性は求められないので、公認心理師を取得したうえで、臨床心理士や学校心理士などの上位の資格を同時に取っていく方がいいと思います。
posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公認心理師の就職状況や収入の現実はどうなる?


近々、公認心理師が国家資格として認定されるようになります。

平成30年からということなので、それは遠い未来ではないでしょう。

となると気になるのは、公認心理師の就職状況や収入面です。

私は臨床心理士として働き、いろんな職業を経験してきました。

病院もスクールカウンセラーも福祉事務所も療育施設も産業カウンセリングもフリースペースも経験してきました。

そして、心理臨床の就職状況がどれだけ不安定で、どれだけ収入が低いかも経験しています。

臨床心理士の収入と仕事の状況について―カウンセラーの現実

そういう現状を打破したいからこそ、国家資格として公認心理師を導入しようとする狙いがあります。

ただ、私個人の意見を述べるならば、公認心理師ができたところで心理臨床の就職状況が改善されることはまずないでしょう。

なぜなら大学院を修了してなることができる臨床心理士ですら、先ほどの就職状況です。

大学卒の公認心理師ができたところで就職がしやすくなることはありません。

むしろ、供給過多となり就職の倍率がかなり上がってしまったり、それなのに収入はさらに安くなるという悪循環を生むのではないかと危惧しています。

これはロースクールができたことで、かえって弁護士が供給過多となり、仕事が逆になくなってしまったり、安いところの顧問弁護士にしかなれなかったりということと同じことが起こるはずです。

そうなると、経験が全くない中で、カウンセリングルームを開業したり、時給800円程度で研修制度が充実していないクリニックにアルバイトをするくらいしか道はなくなるでしょう。

お金がないと研修に行けなくなるので、臨床の腕はますます落ちます。

もし、若い方で公認心理師を目指すのであれば、その上の臨床心理士は絶対に取りましょう!!

それがなければ、取ったところで、ほぼ無意味だろうと思います。
posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公認心理士は就職に有利な資格なのか?


公認心理士の資格がいよいよ取得可能となってきます。

今やカウンセラー業界では公認心理士の動向に目が離せない状況となっています。

なんていったって、日本で初めてのカウンセラーの国家資格ですからね。

ただ、カリキュラムを見ると、カウンセラーの資格というよりも心理士の国家資格という感じですが・・・。

問題となるのはなんといっても「公認心理士は就職に有利となるのかどうか」でしょう。

臨床心理士の取得が大学院までであることを考えれば、大学4年で取得ができる公認心理士の方がメリットが多いように見えますからね。

公認心理士でも就職できるのであれば、臨床心理士まで取る必要はないのでは・・・?

と思ってしまうのも当然です。

ただ、公認心理士だけでは就職は有利とはならないでしょう。

まず、公認心理士が大学卒業で取得ができるとすれば、取得できる人は年間かなりの数になります。

そして大事なことは、その分だけの人数の就職先を斡旋できるところや受け皿はまだまだ整っていないのが現状です。

つまり、取得した人はたくさん出てきたものの、就職先が全くないという状況になるのは容易に想像できます。

ここで、就職できるかどうかに差が出てくるのは、臨床心理士や学校心理士など、さらに上級の資格を持っているかどうかです。

そのことを考えると、公認心理士が即就職に有利だとは言えません。

そのため、まだまだ現時点では臨床心理士が就職に有利であることに変わりはないですし、その意味ではカウンセラー資格の現状は変わらないままだということでしょう。

なので、大学に行く予定がない人は、そのまま民間のカウンセラー資格を取得しても問題はないかと思います。



民間カウンセラー資格の資料請求・申し込みはこちら


posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公認心理師がついに成立!!心理カウンセラーの資格はどうなるのか!?



2015年9月9日に、
とうとう公認心理師法が成立しました。

ようやく心理カウンセラーの資格が
国家資格化されました。

ただ、このニュースを聞いて、
ある不安や疑問も感じていると思います。

「じゃあ、民間のカウンセラー資格は
通用しなくなるの?
取得しても意味がなくなるの?」

公認心理師 心理カウンセラー
これはあくまで私の予想ですが、
公認心理師が成立したからと言って、
すぐに民間のカウンセリング資格が
無意味になるということはないと思います。



まず、今の世の中は心のケアを必要としている人が
たくさんおられます。

まずうつ病の患者さんは100万人を突破しています。
不登校も年々増加傾向にあり、
児童虐待の相談も増えています。

自殺者も全く減らない状況です。

情報の多様化、価値観の多様化とともに、
「自分がどう生きていいのかわからない」
と悩む人は年々増えてきています。

つまり、心理カウンセラーの助けを
必要としている人はたくさんいるのです。

公認心理師ができたところで、
心のケアを必要している人を
すべてカバーすることなどできません。

すぐに公認心理師しかカウンセリングが
できないという風にしてしまえば、
供給不足になってしまって、
現場が大混乱してしまうのは容易に予想できます。

そのため、公認心理師が国家資格となったところで、
民間のカウンセラー資格の必要性がなくなるということは、
ほぼないと言って問題ないと思います。


また、公認心理師の現時点での受験資格は、
「大学卒業して一定の臨床経験を有するもの」
となっており、ほかの民間のカウンセラー資格を取って、
臨床経験を重ねてから受験するということも可能なのです。


まだまだ早くても平成30年の施行ですが、
現時点では民間の心理カウンセラーの資格を取得しても
問題ないと言っていいだろうと思います。


カウンセラーの資格はこちらから


心理カウンセラーの資格取得には、
キャリアカレッジジャパンの
メンタルケアカウンセラー通信講座
がおすすめです!!

☆こちらもよく読まれています☆
心理カウンセラーの就職先と働く場所について
心理カウンセラーの給料の相場とは?
心理カウンセラーとしての就職に有利な資格
メンタル心理カウンセラー資格は独学で取得が可能か?
簡単にプロの心理カウンセラーとして働く方法

posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】