スポンサードリンク
   


児童心理カウンセラーとして働くために必要なスキル


児童心理カウンセラーを目指すのであれば、できれば発達検査のスキルは覚えておきたいところです。

それから発達心理学ですね。

特にスクールカウンセラーとして、小学校に勤務した場合、K式発達検査や知能検査(WISC)などの知識は必須だと思います。

ただ、こうした検査は道具も高価な上、置いてある現場も少なく、実際に使える場所と言うのは少ないのが現状です。

また、それ以上に低学年の児童は自分の言葉で表現できるところが乏しく、話を聴いていても「?」と思ってしまうところが多々あります。

それでも、1時間という限られた時間でその子の心理状態や発達状態を吟味し、カウンセリングの見通しを立てたり、先生や保護者に助言をしていくスキルが児童心理カウンセラーには求められています。

そこで、私が必要だと考えているスキルが、描画検査や表現療法です。

描画検査と言うのは例えば木の絵を描くバウムテスト、人物の絵を描く人物画、HTP(家と木と人を描く)、家族画など、いわゆる絵を描いてその人の心理状態を推察する手法です。

表現療法とは言葉以外で自分の気持ちを表現する方法で、箱庭療法、描画療法、コラージュなどがあります。

これは言葉で自分の気持ちを出せない小さい児童とのカウンセリングをするときには必須の手法だと考えています。

事実、これで子どもの心理状態や発達状態が明確になり、支援の方針が明確になったケースも多々あります。

児童心理カウンセラーにとって描画検査というのはかなり必須の知識だと私は考えています。


posted by ショウ at | 児童心理カウンセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

児童心理カウンセラーの仕事のやりがいとは?


私は今子ども関係の仕事で臨床をさせていただいています。

児童心理カウンセラーの仕事なのですが、一番のやりがいと言えば子どもの成長を近くで見れることでしょうか。

例えば、言葉がおぼつかない子どもがしっかりと自分の意見を言えるようになったり、
できなかったことができるようになったり、
それですっごく自信がついて笑顔で過ごせるようになったり。

また、お母さんから「最近、とても落ち着いて過ごせるようになった」と言ってくれると、とてもやりがいを感じます。

嬉しいですよね。
誰かの笑顔に関われるのって。
それが児童心理カウンセラーの一番の魅力とやりがいなんだと思います。

子どもが真っすぐに成長ができるようになると、それだけでお母さんもホッとするし、子どもにもそれが伝わって笑顔が増えるようになります。

もちろん、そのためには発達の知識や発達障害、子どもの精神疾患、家族関係の理論、心理検査・発達検査など、学ぶこともたくさん多いです。

それを活かして、子どもやお母さんを支えていくところに、児童心理カウンセラーのやりがいと魅力があるのです。


子どものカウンセラー資格はこちらから!!


↑子どもに関するカウンセリングの知識は上記のサイトで学ぶことができます。
posted by ショウ at | 児童心理カウンセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校カウンセラーの資格の取得方法



近年の不登校の増大は社会問題となりつつあります。
ちなみに、不登校の子どもが何かしらのきっかけで無事に仕事を見つけて社会人として活躍できるというのはほとんどなく、そのまま引きこもりになってしまいます。

また知られていませんが、不登校の再発率は高く、不登校の子どもがふとしたきっかけで、大学や会社に行けなくなってそのまま引きこもってしまうことはよくある話なのです

だからこそ、カウンセラーによる心理ケアが必要なのです。

また、よく知られていないことですが、スクールカウンセラーでは不登校を改善することは難しいのです。
彼らは子どもたちの心のケアのプロではありますが、不登校のプロではありません。
せいぜい、カウンセリング登校につなげることぐらいです。

だから不登校の数は減るどころか、年々増加傾向にあるのです。

だからこそ、不登校専門カウンセラーのスキルと知識を身に着けたカウンセラーが求められるのです。

不登校カウンセラーの資格は以下のサイトで取得することが可能です。

不登校訪問支援員の資格取得はこちらから




不登校カウンセラーはこれからの増加に伴うフリースクールで役立ちます。
また、同じように引きこもり支援相談士の資格はさらに難しい引きこもりの家族や当事者に対しての相談を行うことができる資格です。

他のカウンセラー資格との大きな違いは、家庭訪問でのテクニックを身に着けることができることです。
不登校や引きこもりの当事者がそのままカウンセリングルームに訪れることなどありません。
まずは、家庭訪問をして子どもたちに実際に会う必要があることも多いのです。

そうしたノウハウも不登校訪問支援員、引きこもり支援相談士の資格で学ぶことが可能ですね。



不登校や引きこもりの子どもたちを少しでも減らしていくためにも、将来必要となる資格だろうと思います。

posted by ショウ at | 児童心理カウンセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

児童心理カウンセラーの資格と仕事



児童心理カウンセラーとは子どもの問題の解決をお手伝いしたり、心をケアするお仕事です。

児童心理カウンセラーになりたいのであれば、まずは何と言っても資格を取得する必要があります。

一番取れたらいいのは、臨床心理士でしょう。

難しい場合は、家族療法カウンセラー、メンタル心理カウンセラーといったカウンセラー資格を取るといいです。

大切な話ですが、「〇〇カウンセラーの資格を取ったから児童心理カウンセラーになれる」というわけではありません。


ここでいう児童心理カウンセラーの定義は難しいですが、まあ簡単に言えば
「子供の心理ケアや問題の解決をお手伝いしているカウンセラー」と言えます。

つまり、子どもを専門にカウンセリングを行っているカウンセラーだということです。


その意味ではスクールカウンセラーも立派な児童心理カウンセラーの一つであると言えます。

また、児童相談所や児童養護施設で働いているカウンセラーも児童心理カウンセラーだといえますし、フリースクールで働いている人、そこのボランティアカウンセラーも児童心理カウンセラーです

当然、子どもに関する専門的な知識をたくさん持っていることも大切ですが、子どもを専門にカウンセリング活動をしていないひとを児童心理カウンセラーとは呼びません。


これは大型トラックの運転免許を持っているのに、トラックを運転したことがない人をトラック運転手と呼ばないのと同じことです。

なので、児童心理カウンセラーになりたい人は、ぜひ「どういうところで、働くか」まで視野に入れて考えていくことが必要だと思います。


子どものカウンセラー資格はこちらから!!


子ども専門のカウンセラーの資格は↑↑↑がおすすめです。
アフターフォローもしっかりしています。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

posted by ショウ at | 児童心理カウンセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイルドカウンセラーの資格試験の難易度は?


チャイルドカウンセラーは子どもを心理面から理解し、支えていくことで、様々な問題を解決していこうする資格です。

そのため、非常に高度な子ども理解のために知識とスキルが必要となります。

とはいっても、大学で児童心理学や発達心理学を専攻していた方からすれば物足りないかもしれません。ただ、カウンセリングを初めて学ぶ人が取り組むには少々骨が折れると思います。

しかし、添削問題も選択式なのでそれほど困難を覚えることはないと思います。
また、DVDでの講義で繰り返しの学習が可能なため、興味を持って最後まで取り組めるのではないかと思います。

チャイルドカウンセラー資格講座 詳細・資料請求・申し込みはこちら


そして、養成講座が終了すればJADP(日本能力開発推進協会)が行っている試験を受けることができます。試験は在宅なので、テキストを読みながら進めることができます。そのため、テキストをしっかりと読み解いていないと解けないような内容になっています。



チャイルドカウンセラーの詳しい口コミはこちら


チャイルドカウンセラー試験

ちなみに得点率70%以上で合格となり、晴れてチャイルドカウンセラーの資格を取得することができます。ちなみに受験料は3500円です。

子どもを心理面から理解することは、特に思春期での問題を予防することにも繋がるので、とっておいて損はない資格ではないかと思います。
posted by ショウ at | 児童心理カウンセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイルドカウンセラーという資格―養成講座と受験資格


チャイルドカウンセラーという資格があります。

一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)
が認定している資格です。

主に子どもの心理面や発達面に
特化したカウンセラー資格です。

昨今は子どもの問題行動が紙面をにぎわせています。

例えば、小・中学校での学校崩壊も
今では珍しくありません。

それに、いじめも非常に深刻になってきており、
不登校の問題も増加の一途です。

不登校な減っているといわれていますが、
それは子どもの数自体が減っているからであって、
相対的には増加しています。

また、ADHDやアスペルガー、虐待、家庭内暴力など、
子どもを取り巻く問題は年を追うごとに
厳しくなっていっています。

逆に言えば、
そこまで子どもの心理を理解するのが
昔よりも難しくなり、また子どもの心を
しっかりと理解していくことが求められている時代に
なっているのかもしれません。


チャイルドカウンセラーとはそうした
子どもたちの心を理解し、支援するための資格です。

チャイルドカウンセラー資格講座 詳細・資料請求はこちら

↑こちのサイトから資料を申し込んで、
実際にチャイルドカウンセラーの養成講座を受けます、

DVD付きでカウンセリングのスキルを学ぶことができ、
プロカウンセラーからのカウンセリング実習を
受けることもできます。

費用は4万7,000円ですが、
最短4か月での習得が可能です。

また講座は自宅が学習ですが、
テキストでは子どもの心理や
家族の相談の乗り方など、
子供について幅広く学ぶことができます。


そのため、子どもだけでなく、
子育てに悩んでいるお母さんの
相談にも乗ることができます。

添削問題を提出し、合格点を取れば修了です。

チャイルドカウンセラーの講座を
修了することで晴れて、受験資格を
得ることができます。

JADPが行っている資格試験(在宅)
を受けて70点以上取ることで
晴れて資格取得となります。

チャイルドカウンセラー試験

講座ではDVDでの学習もできるので、
実践的な知識やスキルを
習得することができると思います。

posted by ショウ at | 児童心理カウンセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。