スポンサードリンク
   


公認心理師の就職状況や収入の現実はどうなる?


近々、公認心理師が国家資格として認定されるようになります。

平成30年からということなので、それは遠い未来ではないでしょう。

となると気になるのは、公認心理師の就職状況や収入面です。

私は臨床心理士として働き、いろんな職業を経験してきました。

病院もスクールカウンセラーも福祉事務所も療育施設も産業カウンセリングもフリースペースも経験してきました。

そして、心理臨床の就職状況がどれだけ不安定で、どれだけ収入が低いかも経験しています。

臨床心理士の収入と仕事の状況について―カウンセラーの現実

そういう現状を打破したいからこそ、国家資格として公認心理師を導入しようとする狙いがあります。

ただ、私個人の意見を述べるならば、公認心理師ができたところで心理臨床の就職状況が改善されることはまずないでしょう。

なぜなら大学院を修了してなることができる臨床心理士ですら、先ほどの就職状況です。

大学卒の公認心理師ができたところで就職がしやすくなることはありません。

むしろ、供給過多となり就職の倍率がかなり上がってしまったり、それなのに収入はさらに安くなるという悪循環を生むのではないかと危惧しています。

これはロースクールができたことで、かえって弁護士が供給過多となり、仕事が逆になくなってしまったり、安いところの顧問弁護士にしかなれなかったりということと同じことが起こるはずです。

そうなると、経験が全くない中で、カウンセリングルームを開業したり、時給800円程度で研修制度が充実していないクリニックにアルバイトをするくらいしか道はなくなるでしょう。

お金がないと研修に行けなくなるので、臨床の腕はますます落ちます。

もし、若い方で公認心理師を目指すのであれば、その上の臨床心理士は絶対に取りましょう!!

それがなければ、取ったところで、ほぼ無意味だろうと思います。
posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公認心理士は就職に有利な資格なのか?


公認心理士の資格がいよいよ取得可能となってきます。

今やカウンセラー業界では公認心理士の動向に目が離せない状況となっています。

なんていったって、日本で初めてのカウンセラーの国家資格ですからね。

ただ、カリキュラムを見ると、カウンセラーの資格というよりも心理士の国家資格という感じですが・・・。

問題となるのはなんといっても「公認心理士は就職に有利となるのかどうか」でしょう。

臨床心理士の取得が大学院までであることを考えれば、大学4年で取得ができる公認心理士の方がメリットが多いように見えますからね。

公認心理士でも就職できるのであれば、臨床心理士まで取る必要はないのでは・・・?

と思ってしまうのも当然です。

ただ、公認心理士だけでは就職は有利とはならないでしょう。

まず、公認心理士が大学卒業で取得ができるとすれば、取得できる人は年間かなりの数になります。

そして大事なことは、その分だけの人数の就職先を斡旋できるところや受け皿はまだまだ整っていないのが現状です。

つまり、取得した人はたくさん出てきたものの、就職先が全くないという状況になるのは容易に想像できます。

ここで、就職できるかどうかに差が出てくるのは、臨床心理士や学校心理士など、さらに上級の資格を持っているかどうかです。

そのことを考えると、公認心理士が即就職に有利だとは言えません。

そのため、まだまだ現時点では臨床心理士が就職に有利であることに変わりはないですし、その意味ではカウンセラー資格の現状は変わらないままだということでしょう。

なので、大学に行く予定がない人は、そのまま民間のカウンセラー資格を取得しても問題はないかと思います。



民間カウンセラー資格の資料請求・申し込みはこちら


posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋愛カウンセラーになるのに必要な資格とは?


今話題となっているデートDVや恋愛感情のもつれから起こる事件はたくさんあります。

今付き合っている恋人とうまく行かないというのは昔から変わらずある悩みではないでしょうか?

そうした恋愛に関する悩み事を解決するのが、恋愛カウンセラーという仕事です。

ところで、恋愛カウンセラーになるにはどういった資格を取ればいいでしょうか?

結論を言うと、恋愛カウンセラーになるためには資格というのは存在しません。

臨床心理士を始め、メンタルケア心理士や産業カウンセラーなど、いろんなカウンセラー資格を取得して、恋愛に関するカウンセリングを専門にすれば恋愛カウンセラーになることはできます。

ちなみに、社会人や主婦であれば、メンタル総合心理カウンセラー
を取ることをおすすめします。通信で自分のペースで資格が取得できますし、いろんなカウンセリング技法を学ぶことができますからね。

メンタル総合心理カウンセラー


ぜひそうした知見を学んで、より良い恋愛カウンセラーを目指していきましょう。
posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メールカウンセラーのなり方と注意すべきポイントとは?



メールカウンセラーとはメールを媒介にしたカウンセリングを行うカウンセラーのことです。

メールカウンセラーのなり方ですが、特に必要な資格はありません。

カウンセリングの経験がある程度あればメールカウンセリングをすることは可能です。

メールカウンセラーの一番の魅力は在宅でできるというところですよね。

仕事の片手間で、ノートパソコンがあればどこでも行うことができます。

誰にも見られる心配がなければ、喫茶店の中や通勤中でもできるので、そういった時間の自由さがメールカウンセラーになる最大のメリットだといえます。

ちなみに、メールカウンセラーになり方として、自身でホームページやブログを作成し、「メールカウンセリング承っています」という文言のページを作りましょう。

あなたのブログを見た人の中から、「メールカウンセリングお願いします」と依頼がやってくるようになります。

要するにメールカウンセラーとして開業してしまうのです

ちなみに、メールカウンセリングの費用ですが、1往復2000〜3000円くらいが相場でしょう。中には「1か月5000円 何往復でも」としているところもあります。まあ、後者の方が安定した収入が入ってくるので、そちらの方がおすすめかと思います。

ただ、メールカウンセリングにはいろんな危険性もあるので、そのことに注意しておくことも必要です。

カウンセラーを開業している知人の話ですが、メールカウンセリングのクライエントから、ある日いきなり「今から死にます」と送られてきたことがあります。
一般のカウンセリングや電話相談であればまだいいのですが、メールだと向こうのパソコンにもこちらのパソコンにも文章が残ってしまいますので、放っておいてもしものことがあったら、訴えられてしまう可能性があります。

また、メールだけの関係なので、相手の素性や住所も全くわかりません。
にもかかわらず、訴えられてしまう可能性が出てくるのです。

そのために、深夜に警察署に行き、事情を話し、朝方まで捜査に協力しないといけないということになったのです。

こういうことがあるので、メールカウンセリングをしていく際は、注意が必要なのです。

メールカウンセリングは非常に高度なカウンセリングスキルを要するので、できれば実際のカウンセリングで修行してから開業を始めることをおすすめします。

posted by ショウ at | 心理カウンセラー開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校カウンセラーの資格の取得方法



近年の不登校の増大は社会問題となりつつあります。
ちなみに、不登校の子どもが何かしらのきっかけで無事に仕事を見つけて社会人として活躍できるというのはほとんどなく、そのまま引きこもりになってしまいます。

また知られていませんが、不登校の再発率は高く、不登校の子どもがふとしたきっかけで、大学や会社に行けなくなってそのまま引きこもってしまうことはよくある話なのです

だからこそ、カウンセラーによる心理ケアが必要なのです。

また、よく知られていないことですが、スクールカウンセラーでは不登校を改善することは難しいのです。
彼らは子どもたちの心のケアのプロではありますが、不登校のプロではありません。
せいぜい、カウンセリング登校につなげることぐらいです。

だから不登校の数は減るどころか、年々増加傾向にあるのです。

だからこそ、不登校専門カウンセラーのスキルと知識を身に着けたカウンセラーが求められるのです。

不登校カウンセラーの資格は以下のサイトで取得することが可能です。

不登校訪問支援員の資格取得はこちらから




不登校カウンセラーはこれからの増加に伴うフリースクールで役立ちます。
また、同じように引きこもり支援相談士の資格はさらに難しい引きこもりの家族や当事者に対しての相談を行うことができる資格です。

他のカウンセラー資格との大きな違いは、家庭訪問でのテクニックを身に着けることができることです。
不登校や引きこもりの当事者がそのままカウンセリングルームに訪れることなどありません。
まずは、家庭訪問をして子どもたちに実際に会う必要があることも多いのです。

そうしたノウハウも不登校訪問支援員、引きこもり支援相談士の資格で学ぶことが可能ですね。



不登校や引きこもりの子どもたちを少しでも減らしていくためにも、将来必要となる資格だろうと思います。

posted by ショウ at | 児童心理カウンセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】