スポンサードリンク
   


恋愛カウンセラーになるのに必要な資格とは?


今話題となっているデートDVや恋愛感情のもつれから起こる事件はたくさんあります。

今付き合っている恋人とうまく行かないというのは昔から変わらずある悩みではないでしょうか?

そうした恋愛に関する悩み事を解決するのが、恋愛カウンセラーという仕事です。

ところで、恋愛カウンセラーになるにはどういった資格を取ればいいでしょうか?

結論を言うと、恋愛カウンセラーになるためには資格というのは存在しません。

臨床心理士を始め、メンタルケア心理士や産業カウンセラーなど、いろんなカウンセラー資格を取得して、恋愛に関するカウンセリングを専門にすれば恋愛カウンセラーになることはできます。

ちなみに、社会人や主婦であれば、メンタル総合心理カウンセラー
を取ることをおすすめします。通信で自分のペースで資格が取得できますし、いろんなカウンセリング技法を学ぶことができますからね。

メンタル総合心理カウンセラー


ぜひそうした知見を学んで、より良い恋愛カウンセラーを目指していきましょう。
posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メールカウンセラーのなり方と注意すべきポイントとは?



メールカウンセラーとはメールを媒介にしたカウンセリングを行うカウンセラーのことです。

メールカウンセラーのなり方ですが、特に必要な資格はありません。

カウンセリングの経験がある程度あればメールカウンセリングをすることは可能です。

メールカウンセラーの一番の魅力は在宅でできるというところですよね。

仕事の片手間で、ノートパソコンがあればどこでも行うことができます。

誰にも見られる心配がなければ、喫茶店の中や通勤中でもできるので、そういった時間の自由さがメールカウンセラーになる最大のメリットだといえます。

ちなみに、メールカウンセラーになり方として、自身でホームページやブログを作成し、「メールカウンセリング承っています」という文言のページを作りましょう。

あなたのブログを見た人の中から、「メールカウンセリングお願いします」と依頼がやってくるようになります。

要するにメールカウンセラーとして開業してしまうのです

ちなみに、メールカウンセリングの費用ですが、1往復2000〜3000円くらいが相場でしょう。中には「1か月5000円 何往復でも」としているところもあります。まあ、後者の方が安定した収入が入ってくるので、そちらの方がおすすめかと思います。

ただ、メールカウンセリングにはいろんな危険性もあるので、そのことに注意しておくことも必要です。

カウンセラーを開業している知人の話ですが、メールカウンセリングのクライエントから、ある日いきなり「今から死にます」と送られてきたことがあります。
一般のカウンセリングや電話相談であればまだいいのですが、メールだと向こうのパソコンにもこちらのパソコンにも文章が残ってしまいますので、放っておいてもしものことがあったら、訴えられてしまう可能性があります。

また、メールだけの関係なので、相手の素性や住所も全くわかりません。
にもかかわらず、訴えられてしまう可能性が出てくるのです。

そのために、深夜に警察署に行き、事情を話し、朝方まで捜査に協力しないといけないということになったのです。

こういうことがあるので、メールカウンセリングをしていく際は、注意が必要なのです。

メールカウンセリングは非常に高度なカウンセリングスキルを要するので、できれば実際のカウンセリングで修行してから開業を始めることをおすすめします。

posted by ショウ at | 心理カウンセラー開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校カウンセラーの資格の取得方法



近年の不登校の増大は社会問題となりつつあります。
ちなみに、不登校の子どもが何かしらのきっかけで無事に仕事を見つけて社会人として活躍できるというのはほとんどなく、そのまま引きこもりになってしまいます。

また知られていませんが、不登校の再発率は高く、不登校の子どもがふとしたきっかけで、大学や会社に行けなくなってそのまま引きこもってしまうことはよくある話なのです

だからこそ、カウンセラーによる心理ケアが必要なのです。

また、よく知られていないことですが、スクールカウンセラーでは不登校を改善することは難しいのです。
彼らは子どもたちの心のケアのプロではありますが、不登校のプロではありません。
せいぜい、カウンセリング登校につなげることぐらいです。

だから不登校の数は減るどころか、年々増加傾向にあるのです。

だからこそ、不登校専門カウンセラーのスキルと知識を身に着けたカウンセラーが求められるのです。

不登校カウンセラーの資格は以下のサイトで取得することが可能です。

不登校訪問支援員の資格取得はこちらから




不登校カウンセラーはこれからの増加に伴うフリースクールで役立ちます。
また、同じように引きこもり支援相談士の資格はさらに難しい引きこもりの家族や当事者に対しての相談を行うことができる資格です。

他のカウンセラー資格との大きな違いは、家庭訪問でのテクニックを身に着けることができることです。
不登校や引きこもりの当事者がそのままカウンセリングルームに訪れることなどありません。
まずは、家庭訪問をして子どもたちに実際に会う必要があることも多いのです。

そうしたノウハウも不登校訪問支援員、引きこもり支援相談士の資格で学ぶことが可能ですね。



不登校や引きこもりの子どもたちを少しでも減らしていくためにも、将来必要となる資格だろうと思います。

posted by ショウ at | その他のカウンセラー資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公認心理師がついに成立!!心理カウンセラーの資格はどうなるのか!?



2015年9月9日に、
とうとう公認心理師法が成立しました。

ようやく心理カウンセラーの資格が
国家資格化されました。

ただ、このニュースを聞いて、
ある不安や疑問も感じていると思います。

「じゃあ、民間のカウンセラー資格は
通用しなくなるの?
取得しても意味がなくなるの?」

公認心理師 心理カウンセラー
これはあくまで私の予想ですが、
公認心理師が成立したからと言って、
すぐに民間のカウンセリング資格が
無意味になるということはないと思います。



まず、今の世の中は心のケアを必要としている人が
たくさんおられます。

まずうつ病の患者さんは100万人を突破しています。
不登校も年々増加傾向にあり、
児童虐待の相談も増えています。

自殺者も全く減らない状況です。

情報の多様化、価値観の多様化とともに、
「自分がどう生きていいのかわからない」
と悩む人は年々増えてきています。

つまり、心理カウンセラーの助けを
必要としている人はたくさんいるのです。

公認心理師ができたところで、
心のケアを必要している人を
すべてカバーすることなどできません。

すぐに公認心理師しかカウンセリングが
できないという風にしてしまえば、
供給不足になってしまって、
現場が大混乱してしまうのは容易に予想できます。

そのため、公認心理師が国家資格となったところで、
民間のカウンセラー資格の必要性がなくなるということは、
ほぼないと言って問題ないと思います。


また、公認心理師の現時点での受験資格は、
「大学卒業して一定の臨床経験を有するもの」
となっており、ほかの民間のカウンセラー資格を取って、
臨床経験を重ねてから受験するということも可能なのです。


まだまだ早くても平成30年の施行ですが、
現時点では民間の心理カウンセラーの資格を取得しても
問題ないと言っていいだろうと思います。


カウンセラーの資格はこちらから


心理カウンセラーの資格取得には、
キャリアカレッジジャパンの
メンタルケアカウンセラー通信講座
がおすすめです!!

☆こちらもよく読まれています☆
心理カウンセラーの就職先と働く場所について
心理カウンセラーの給料の相場とは?
心理カウンセラーとしての就職に有利な資格
メンタル心理カウンセラー資格は独学で取得が可能か?
簡単にプロの心理カウンセラーとして働く方法

posted by ショウ at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドラー心理学は子育てに効果的!!


アドラー心理学というのをご存知でしょうか?

近年、ビジネスや自己啓発、子育ての分野で
認知度が高まっている分野ですね。

「嫌われる勇気」で一躍有名になりました。



ただ、アドラー心理学を提唱したアドラーは、
もともと精神分析を学んでおり、
さらに来談者中心療法で有名な
ロジャースもアドラーの影響を受けています。

なので、実はアドラー心理学は
もともとはカウンセリング・心理療法に
端を発する理論なのです。

そのため、できれば、カウンセラーを目指す人は
ぜひぜひアドラー心理学を学んでおいて
欲しいと思います。

特にアドラー心理学は、子育てや教育面で、
大きな効果があります。


何故かと言うと、アドラー心理学の特徴は、
「人間は目的を持って行動している」
と言う考えを基本に持っています。

それと一番は、感情について、
「人は目的を達成するために
怒りの感情を選んでいる」

という考え方ですね。

例えば、子どもをに対して
ガーッと怒ってしまうお母さんですが、
子どもが悪さをしたからではなくて、

「何でこの子は私の思い通りに
育ってくれないの!?
もっと怒らないと、良い子にならないのかな」

という考えと目的があって、
ガーッと怒ってしまうんです。

ただ、アドラー心理学では
こういう怒る・叱る子育ては
悪い結果しか生まないと言われています。

実際子どもを叱り過ぎて自己嫌悪に
陥っているお母さんは結構多いのです。

そこで、怒らない子育ての仕方、
怒らなくても子どもがちゃんと育つような
子育ての仕方について、
アドラー心理学ではいろんな答えを
用意しています。




それを基により良し子育てを
一緒に考えていきましょうというのが、
アドラー心理学の考え方です。

子育てカウンセラーを目指す人は
ぜひぜひアドラー心理学の勉強をしていきましょう♪
posted by ショウ at | カウンセリングを学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】